好きだったものは…

フェルト作品作りの参考にするため、動物の本を探しに図書館へ行った。去年できたのだが、なにせ田舎の小さな図書館なので本が少ない。棚もスカスカで向こうが見える(^_^;
思うような本が探せず帰えりかけ、子供の本のコーナーでふと足が止まりました。やわらかい色合いの絵本に「あぁ、こういう世界を表現できたらいいなぁ…」と。
a0009750_12415669.jpg

新美南吉の「てぶくろを買いに」です。
大好きな黒井健の絵のイメージで作った子狐なんですが雰囲気出たかな?

小さい頃の私は、電車に乗ってよく図書館へ通っていた。2年生のときに「冒険者たち」を読んでボロボロ泣いた。同じ作者の「グリックの冒険」も好きだった、ラストの仲間たちがワーッと駆け寄ってくるとこでやはり泣く。ネズミやリスが好きなのはそこからきているのかもしれない。ドリトル先生のシリーズも好きだったなぁ。偉人伝や歴史には見向きもせず、動物の出てくるお話ばかりを片っ端から読みあさっていたっけ(笑)

子供の頃はお話の世界にどっぷり気持ちが入り込めたのに、今同じ本を手に取ってみても同じ感動は味わえない。余計なフィルターがかかっているような感じでちょっと距離があるのだ。大人になるということはちょっと寂しい。
小さい頃はいろんな物が宝物に見えた。道で拾った小石、神社で集めたドングリ(後で引き出しの中で虫が出てきてキャーな状態に…)、廃材置き場で見つけたタイル、縁日のガラス細工。
フェルトで小さな生き物たちを作っていたら、自分が何を好きだったのかを少しずつ思い出した。

記憶の引き出しを少し開けてのぞき込んだら、芋蔓式にずるずるといろんな思い出がよみがえってきた。そうそう、そうだよっ、洋裁をする母の脇で低学年の私はフェルト(シートになってる奴ね)でせっせと何か作っていたんだよ(変わってないじゃん、私…)
あっ、もっと恥ずかしいことを思い出してきたぞ。そのフェルトの縁をグルグルかがって作ったヘンテコで不細工なマスコット(たぶんネズミだったと思う)をクラスメイトの男の子にあげたんだっけ。もらった子も迷惑だったことであろうな。手作りの人形なんて、捨てたら祟られそうだし(-_-;)

どうやら生き物が好きで、ちまちまと小さい物を作るのが好きなのは小さい頃に形成された性質をそのまま引きずっていたらしい(笑)
[PR]

by berry_n | 2005-03-30 12:42 | ハンドメイドフェルト | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://lennon.exblog.jp/tb/1797859
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ロビ at 2005-03-30 12:48 x
あううう・・・(涙)
かわいいね。かわいいね。
このせりふ、涙が出るよ、かわいすぎて。

井戸の奥底に落ちたような、閉塞感にさいなまれておりました。(貞子か!?)先にうりさんのこの写真を見ればよかった。
なんかすごく心が洗われた気持ち。
本当に、かわいいよ。
お母さんを作って、ならべてあげて。
絵本の中のように、一緒にいる姿が見たいな。
Commented by TAMO at 2005-03-30 16:49 x
今、我家では息子たちが小石やらどんぐりやらを拾ってきます。
小学校に上がってからはめっきり少なくなりましたが。
拾ってきたどんぐりをなおす場所に困ってフィルムケースに入れてたら、ある日「パ――ン!!」と蓋がはじけ飛びました。
どんぐりの成長と共に何か変なガスがケースに充満してたのか??
Commented by gula_id at 2005-03-31 00:11 x
本当にかわいいですね!
どのアニマルも目がうるうるしてるように見えます。
私も「てぶくろを買いに」大好きです。
子供の時に読んだ本を今読み返すと全然違った感じ方しますね。
私も本屋さんに行ってなつかしの本めぐりをしたくなりました。
子供の時マスコット(フェルト細工)いっぱい作ったことも思い出しました。
大高輝美さんの本、実家に帰ったらまだあるかな~?
Commented by Tanuko at 2005-03-31 09:03 x
か、かわいい! 星さんの作品はどれもお上手でかわいいけど、これはピカイチです。
Commented by berry_n at 2005-03-31 09:04
>ロビさん
お~い、大丈夫か~。ロビさん、頑張りすぎないで力を抜こうよ。井戸に落ちる前に溜まった物は歌にのせて吐き出しちゃいましょ。
私は子育ての経験は無いけど、話をきいてあげることはできるから愚痴でも何でもメールしなさいね。
今、母狐を制作してま~す。今度一緒のをUPするね(^^)

>TAMOさん
破裂しましたか。何かが発酵してたのでしょうな(笑)
私は小学生の頃、お昼休みにセミの抜け殻を発見し楽しくなって大量に拾い集め、教室の入口にかけてあったのれん(父兄が作った縄のれんみたいなの)に全部ぶら下げて「セミのれん」にしたことがあります。誰かを驚かそうとかじゃなくて、そこに蝉が一番フィットする気がしただけなんですけど先生には理解されませんでした(^_^;

>gulaさん
ぜひなつかしの本めぐりしてみてください。ちょっと優しい気持ちになれますよ(^-^) 手芸好きでフェルトのマスコットも作っていたのね。ニードルフェルトも面白いよ~、gulaさんも作りましょ♪
Commented by berry_n at 2005-03-31 09:07
>Tanukoさん
嬉しい言葉をありがとう(^^)
元にした黒井健の絵がステキだからできた私もお気に入りの作品なのです。
Commented by ふーじー at 2005-04-01 10:14 x
癒されますぅ。(^_^)
いいなぁ、そんな器用な手が羨ましいです。やっぱり私にはできそうにない世界ですなぁ~。
Commented by berry_n at 2005-04-01 12:31
見て和んでもらえると嬉しいです(^^)
あんまり器用なほうではないのですが、楽しいので続けて作っています。この1ヶ月でワラワラ増えて飾る場所が無くなってきました(^_^;
Commented by ramu9964 at 2005-04-01 23:07
かわいい!ですね!!雰囲気も出てます。
黒井健氏の絵、私も好きです。
(なぜか、私の家に合った「てぶくろを買いに」の絵本は、黒井健氏の絵ではなかった。)
このお話、なぜか読み終わると、涙が出てきちゃうんです…私。
調べてみたら、黒井健氏の絵本美術館が清里にありました。今年度のオープンが今日4月1日だそうです。
清里へ行く機会があったら、行ってみようと思います。
黒井健 絵本ハウス http://www.kenoffice.jp/
Commented by berry_n at 2005-04-02 21:10
黒井健バージョンの「てぶくろを買いに」は初版が1988年なので、私が子供の頃に見たのも違う絵のものでした。大人になってから彼の絵に出会ったのですが、見てるとふんわりとした優しい気持ちになれますよね(^-^)
美術館、私も清里に行く機会があったらぜひ足を運んでみたいと思います。
line

愛犬レノンと日々の出来事


by berry_n
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31