<   2008年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧


赤べこ発祥の地 柳津ウォーク

今年も柳津のウォーキングにレノン家みんなで参加してきました。
いまひとつすっきりしないお天気でしたが、雨も降らず去年のように暑すぎることもなくレノンと歩くにはちょうど良かったです。
a0009750_1130931.jpg

柳津は「赤べこ発祥の地」ということで、スタート地点にいた赤べこさんと記念写真。
ちなみにこの赤べこは「福太郎」という名前がついており、柳津赤べこファミリーのお父さんらしいです。

コース途中には息子や娘がいました。
柳津駅前の給水ポイントでは息子の「もうくん」がお出迎え。
皆さん頭をポンポンして揺らしたり、一緒に写真を撮ったりしてます。
人が多かったのでここでの記念写真はあきらめ、いただいた粟と雑穀のお粥をのんびり食べて一休み。レノンにも少しお粥をあげたら器が奇麗になってもひつこくなめてました
。レノちんも美味しかったのね。
a0009750_11304769.jpg

コースの終りの方は街の中を歩きます。
土産物店の並ぶ通りには娘の「あいちゃん」がいました。

母親の「満子」は見落としたのか、どこにいたのかわかりません。
たぶん私とレノちんが入らずに下で待っていた福満虚空蔵尊にいたんじゃないかと思います。
a0009750_11312937.jpg

a0009750_1132655.jpg

今回も時折クルクル回りながら歩くレノさんに、たくさんの人が笑顔で話しかけてくれました。
アップダウンのある10キロのコースですが、給水ポイントがたくさん設けられていて麦茶や梅干し漬物なども用意されており距離をあまり感じることなくゴールしました。

参加費は500円で、温泉無料入浴券とタオルが付いてます。
さらに最初の受付時とゴールであったかい粟饅頭がもらえます(うまっ♪)
チェックポイントの円蔵寺で福銭、ゴールでスプーンと完歩証をいただきました。
受付番号で抽選(全員なにかしら当たる)もあり、今回は二人とも赤べこストラップ。

こうしてレノっち「うちの子6年目」は健康的で安上がりにスタートしたのでした。
[PR]

by berry_n | 2008-10-27 11:37 | レノン | Trackback | Comments(4)

うちの子記念日 5周年

レノンを我が家に迎えて、めでたく5周年を迎えることができました(^-^)

今年はプレゼントも用意してみました。
ふかふか大好きレノちんにピッタリな「マシュマロクッション」です。
関西の業者に昨日オーダーしたばかりなので記念日には間に合わないなって思ってたんですけど、今日届いちゃいました。クロネコさん頑張ってますね。

包装を剥がし袋から出した途端、広げる間もなく乗っかってくる黒い奴。
最初は偉そうな顔で座ってましたが、そのうちじわ~っと沈む低反発チップの感触に身をゆだねてこの状態。こうして「敷物王子」の寝床がまた一つ増えてゆく(笑)
a0009750_2122712.jpg

a0009750_2124318.jpg

これを寝室に置いたらこの上で寝てくれるかしらと、ちょっと期待。
だって最近のレノちんは、旦那じゃなくて私の布団の上で重石になってるんですもの~。

マシュマロクッションはカバーが外して洗えるし、ほりほりしてもマザーボールのような綿ゴミが出ないのが良いですよ(^-^)
[PR]

by berry_n | 2008-10-25 21:03 | レノン | Trackback | Comments(6)

ミョウガの実

我が家の庭には、私が嫁に来る前からミョウガがうえてあった。
今年はなぜだかミント並みに繁殖力が旺盛で、周囲に植えた花たちのエリアにグイグイ進入し領地を広げようと頑張っていた。

先日そのミョウガに赤い物を発見。
見た瞬間の印象は
「ウゲッ、なんだコレ・・・気味が悪いぞ」
a0009750_1434236.jpg



花が咲いたようにパカッと割れたミョウガの赤い実。
ふ~ん、ミョウガも実がなるんだね。
知らなかったなと軽くながしていました。


で、今日新聞を見ていたら「ミョウガの赤い実」が写真入りで載ってるのを発見。
>>近所のお年寄りも「ここに住んで60年になるが初めて見た」
と書かれており、記事の家では実をつけたのは2つだけだったそうだ。

そんな珍しい事なのかとネットを検索。
他の地方新聞でも記事として取り上げられていたり、やはりかなり珍しい事らしい。
・・・うちの庭のミョウガ、採り残してたものの多くが赤い実をつけてるんですけど(^^;
a0009750_1442144.jpg

a0009750_1443656.jpg

中央の白い部分をめくると黒い種が出てきます。
種なので、まけばきっとミョウガがはえてくるのでしょうな。


なんだかとっても珍しい事らしいのだけど、ちっとも嬉しくないのはなぜだろう。
だって「珍しい=通常ではない生育環境だった」ってことですよね?

ミョウガが「地下茎では命を繋いでいく事が難しいかも」と身の危険を感じ、硬い殻に守られた種を残そうとしたのかしら…。
温暖化や異常気象の影響もあるのだろうと考えると、ミョウガの実が警告の赤信号に見えてしまう私です。




ミョウガの横に、こんなものも出てきました。
a0009750_145623.jpg

レノちんが毎日せっせとシッコをかけてた梅の切り株、今年のは前回のより立派なサルノコシカケに成長してます(笑)
[PR]

by berry_n | 2008-10-23 14:07 | その他 | Trackback(1) | Comments(8)

平気なものと平気じゃないもの

天気が良い日はガラス越しの日差しがポカポカでとっても気持ちいい。
我が家の一番あったかくて気持ちよい場所には、レノンのベッドや敷物がびっちり並べられている(「邪魔だよ」と言う妻の言葉を無視して、可愛いレノンのために旦那がせっせと並べた)

昨日も気持ちよい天気でレノンはそこで寝そべり、私は側で本を読みながらまったりした時間を楽しんでいました。
ところが暖かいと気持ちがいいのは私たちだけでは無いようで、サッシの隙間にへばり付いて隠れていたカメムシ達もゴソゴソ動き出したようです。
その1匹がヴ~ンと飛び立った瞬間、私の前を黒い固まりが走り抜けました。

隣の部屋の一番奥まで逃げていって「早くあいつを何とかしてくださいっ!」と訴える黒い奴。
「お前は部屋でゴキブリに遭遇した乙女かっ!」(--;)

ガムテープや掃除機で目に付いた奴は片付けてるけど、完全に奴らを排除するのは不可能に近い。
2~3ミリの隙間があればどこからでも入り込んでくるから、ここで暮らしているいじょう共存するしかないんだよ。
耐えろ>レノちん

カメムシが飛んだ場所でレノちんに向かって「そんなとこでびびってるヘタレに、芋はやらんぞ~」とサツマイモを見せながら食べる。
イモに釣られて寄ってくるレノちん。
鼻はイモに集中してるが、耳は警戒しまくり。
でも食べられるならたいしたことじゃないから大丈夫のようだね。


夕方、いつものように近所のジョンと散歩に出かけた。
この頃道を横断するヘビをよく見るのだけど、レノちんもジョンもほとんど無反応か見ないふりだ。
この日は、横断中にペッタンコにされてしまったヘビに立て続けに遭遇した。
すると普段は近寄らないレノンが、できたてホヤホヤの「のしヘビ」に寄っていってクンクンしている。
ふ~ん、虫は怖いけどヘビは平気なのかい?
生きてないから大丈夫って思ってるのかなぁ、と舐めたりしないよう気をつけながら様子を見ていた。
何が気になるのか、入念に嗅いでいるレノン。
「もう行くよ~」と促すと、何を思ったのかいきなりヘビにシッコをかけた。

金運が一気に下がったような気がした秋の夕暮れ。。。
[PR]

by berry_n | 2008-10-17 10:26 | レノン | Trackback | Comments(5)

猪苗代ハーブ園

a0009750_1042511.jpg

連休最終日はとっても良い天気だったので、猪苗代ハーブ園へ行ってみました。
その途中で、犬連れOKの「福腹亭」でお昼ご飯。
連休だし紅葉の時期の連休ということもあり、お客さんでいっぱい。
普段のペースとかなり違うらしく、店長さん脳みそ混乱状態でオーダーがごちゃごちゃになってます。
待たされたりオーダーミスでお客さんのイライラした雰囲気があったのですが、私の足元の豆狸を見ると皆さん笑顔になって空気がちょっと和らいだような感じでした。
犬はレノンの他に1頭だけだったので、レノちんも興奮せず後ろ足を伸ばして静かに伏せてます。ただ離れた席のおじさんが「へ~~くしょいっ!」と豪快なくしゃみをしたときだけはビックリして飛び起き「ボッ、ボッ」と低く警戒吠えましたけど、それはしょうがないよね(^^;

食事を済ませてリステル猪苗代を目指します。
猪苗代ハーブ園はその中にあるんですが、1回行くと入場料は1年無料です。
なので2度目の今回は無料♪
前回はラベンダーの時期でしたが、今回はコスモスです。
a0009750_10423445.jpg

ホテルに宿泊したお客さんにはコスモスの花摘みがセットになってるらしく、ユサユサと長いコスモスの花束を抱えた子供の姿が見られました。

私達は、とりあえずドッグランへ。
到着すると、囲いの中には若いミックスちゃんが1頭。
お互い遊びたそうでしたが、ちょうどミックスちゃんは帰る所だったのでレノちんだけの貸し切り状態に。
レノンを放すと、気になる匂いを片っ端から嗅ぐ嗅ぐ嗅ぐ。
普段ジョン以外の犬と挨拶を交わすことがないので、いろんな匂いが気になってボール遊びに集中出来る状態ではありません。
まぁ、納得して落ち着くまで嗅いでくれたまえ。
クンクン狸の側に立って見ていたら「ここは何ですか?」と柵の外からカメラを持った男性に声をかけられました。
「へ? 犬を遊ばせる場所ですけど…」と答えたのですが今ひとつ理解出来ない顔をしてました。

はっ! もしかしてレノちんが犬に見えなくてここを「珍獣ふれあいコーナー」だと思ったのか?!

今回も柵の外を通る子供達からも「オオカミだ!」って言われたし。小さい子供(特に男の子)からオオカミって言われる事が多いんですが、彼らはいったいどんなところからオオカミの姿の情報を得てるんでしょうかね? オオカミよりは狸やイノシシの方が似てる気がするんだけどなぁ…不思議。

たっぷりクンクンした後は、設置してあったハードルやタイヤで遊んだり玩具のレトリーブなどでガンガン走らせる。
ほどよくガス抜きが完了したところで、園内をお散歩。
a0009750_1044058.jpg

a0009750_10443786.jpg

レノンと歩くとたくさんの素敵な笑顔と出会う。
普段なら視線を合わせる事もなく黙ってすれ違うだけの見知らぬ人達なのに、そこにレノンがいるだけでほっこり和む空気が生まれ笑顔で挨拶を交わすことができる。
完璧に手入れされたアフガンハウンドを連れたマダムとかじゃ近寄りがたいけど、お笑い路線のチビ狸と緊張感の無いゆるい飼い主のコンビだからでしょうかね(笑)

ぐるっとお散歩して暑くなったので、今回もラベンダーソフトを買って食べる。
レノちん、目の前に座ってソフトをガン見(^^;
熱い視線に耐えながら食べてたら、チュチュチュっと口を鳴らす音と「ベビ、ベビベビ」という穏やかで優しい声が聞こえてきました。
旦那を挟んだ向こう側の椅子に座っていた外国人夫婦がレノンを呼んでいたのでした。
リードを長めに持つと、レノンがその心地よい呼びに応えて走り寄ります。
愛おしそうになでるご婦人と目があって、二人でニッコリ。
言葉が分からなくて会話は出来ないけど、なんかとってもあったかい気持ちになりました(^-^)

レノちんったらいい人を引き寄せる「いい人ホイホイ」みたいだよ。
a0009750_1045332.jpg

ホイホイにかかった子供(笑)
とっても素直な可愛いお嬢さんでした。

直接的に、間接的に、たくさんの幸せをくれるレノちん。
今日も一日ありがとう!
[PR]

by berry_n | 2008-10-15 11:01 | レノン | Trackback | Comments(6)

「ありがとう」という曲

タイトルで水前寺清子を思い浮かべた方はいませんか?
そんなあなたは、かなりおばちゃんです(笑)

生涯学習フェスティバル地域開催事業「まなびピアあいづ」の記念映画で『春色のスープ』というのがありまして、日曜日に御蔵入交流館へ見に行きました。
『春色のスープ』予告編


この映画の8割は私の暮らしている南会津町で撮影されてるんですよ(^-^)

本編上映前に、撮影風景や地元エキストラのオーディションの様子などを撮影したメイキングフィルムを見ました。
主演した役者さん達もサプライズゲストとして登場したんですが、食事がすごく美味しかったことなど「ロケの間にみんな餌付けされてどんどん太っていく」と笑って語ってました。

雪深い会津は農作業の無い雪の季節に頻繁に家を行き来する「お茶のみ文化」のようなものが発達し、年配の女性達は基本的にもてなすのが得意だし好きなのだろうなとよそから来た私は感じてます。
あれこれ作ったものを次々並べて「ほれ、まっとくわっせ(もっと食べなさい)」とどんどこお代わりをよそってたことでしょう(笑)
婦人会のおばちゃん達が早朝から山菜を採ってきてせっせと料理に張り切ってた姿が容易に想像出来ちゃう。スクリーンで見た主演の佐津川愛美さんの顔がやたら丸く見えるのは気のせい?(^^;


佐津川愛美さん、栩原楽人さんの他にもう一人、主題歌「ありがとう」を歌った大津貴子さんがゲストとして来ていてステージで歌ってくれました。
試写会で歌った時のようすはこちら(期間限定公開のようですのでお早めに)
ホールで聞いた生の歌声はものすごく迫力があって、気づいたら涙が…。
とてもいい曲なのでぜひ聞いてみてくださいませ(^-^)
[PR]

by berry_n | 2008-10-14 10:09 | その他 | Trackback | Comments(0)

お気に入りの寝床

ここを読んでる方々の愛犬は、夜どこで寝ているのでしょうか?
我が家の場合、以前は寝室に置いたハウスに入れてたんですが最近は「どこでも好きなとこで寝ていいよ~」と自由にしてます。

ちょっと前までは、私達の布団の足下に置かれた低反発マットの上が定位置でした。
へたってきたので畳んで置いといたら、レノンが自分用のマットとして使いだしたものです。へたったとはいえそれなりに厚みがある上折りたたんであるので、私たちの布団より高さがあります。
マットの上からこっちを見下ろしながらねむる豆狸。
「お前は牢名主かっ!」

レノンはお坊ちゃまなのでやわらかいフカフカした場所が好きです。
畳の上に座布団があれば必ず座布団の上。
座布団も厚みがある物・新しい物を選んで乗ります。
客用座布団10枚重ねの上に飛び乗り、偉そうな顔で座るレノちんに
「笑点かよ!」と突っ込みを入れたくなる私です。

そんなフカフカ好きのレノさん、夜の気温がだんだん低くなってきたこの頃マットの上では寒くなってきたようです。
夜、暗がりの中で低反発マットをカリカリ掘る音がきこえます。
でも、どんなに頑張っても居間に置いてあるマザーボールのようにすっぽりフィットするくぼみは出来ません。
布団の中で目を閉じたまま「あ~、掘ってるなぁ…中身が出ないといいんだけどな」とぼんやり思っていたらカリカリ音が止みました。
あきらめて寝たか? と思った次の瞬間

    ボスッ!

鈍い音と同時に短いうめき声。
畳んだマットの上から、レノンが旦那の布団めがけてダイブしたようです。
頭だけちょっと起こして隣に寝てる旦那を見たら、羽毛布団の真ん中に黒狸様がどっかり鎮座してます(笑)
「ぶっ、ははははっ。 レノちん、その選択は正しいぞ」
当事者じゃないのでつい笑ってしまった私。

その日から旦那の布団の上を寝床にしていたレノちんですが、先日寝室の襖を開けたら私の布団の上に巨大おはぎ。
おいおい、寝場所間違ってるだろ。
そのまま布団に体を滑り込ませ「そこ降りて」と掛け布団の下から揺さぶりをかけても、レノさん伏せたままへばり付いて全くどこうとしません。
仕方がないので、レノちんの下から足をずらし「太(点がレノさん)」の状態で寝ることに。直接体重がかかってなくても、上から布団を押さえ込まれてるので5キロのチビ狸がかなり重く感じられます。
ダイブしてくることは無いですが、体のはまり具合が気に入ったのかそれから私の布団で寝ているレノさん。
マザーボール(生タイプ)好評です(爆)
[PR]

by berry_n | 2008-10-09 15:00 | レノン | Trackback | Comments(14)

すいみん すいみん すいみん すいみん 睡眠不足

a0009750_1064979.jpg

毎度のことだが、昼近くまでゴロゴロしていた旦那が突然「今からキャンプに…」と言い出した。
はぁ? 準備や段取りってもんがあるでしょうがっ(--;)
食事はどうすんだよ、なぜもっと早く言えんのじゃ!
それでも付き合ってあげる私って、なんて優しい妻なんだろう…。

ということで、近くのスーパーで買いだしをして急いで食材の準備。
バタバタ荷物を積み込んで【予約なし・安い・犬OK・ガソリン代節約のため近場】の条件を満たすキャンプ場へ向かう。
第一候補地の久川ふれあいキャンプ場は思ったより利用者が多かったので、以前場所の確認をかねて見学に行ったシルクバレーキャンプ場へ移動。
a0009750_1071338.jpg

a0009750_1073792.jpg

好きな場所にどうぞということでしたが、キャンプ場のわんちゃんにヘタレのレノちんが吠えてしまうので受付から離れた場所に設営。
フリーサイトで広々つかえました(^-^)

レノちんには夜ガサゴソしないでぐっすり眠ってもらうため、たっぷり散歩してボール投げして走らせておきました。
が、世の中予定通りにはいかないもの。
レノさん、時折遠くで鳴る害獣よけの空砲にビクビクドキドキで全く落ち着きません。
テントにハウスを入れても音が聞こえると「出して!」と激しくガリガリし続け、爪を怪我しそうなので出すと私のシュラフに潜って出るを繰り返します。
全く寝るどころじゃありません。

車の中ならもっと遮音性が高いし慣れた場所だから落ち着くか?
レノンを入れたハウスを持ち、シュラフを抱えテントから車に移動。
それでも遠くでかすかに聞こえる空砲に反応して、私の肩に上ったりガリガリやったりうろうろ落ち着きません。
そんな不安定な状態でしたが、私の指示が全く耳に届かないほど動揺しているというわけでもない様子だったので強めに「フェイスダウン(顎を床につけたふせ)」と指示してみました。
すると私の手のひらに押しつけるように顎を乗せてきたので「そう、グーッド。いい子、ねんねだよ~」落ち着かせるように静かに優しく声をかけ続けてみる。
そのうち徐々に体の緊張がとけ、安心したのかそのままレノちんは眠ってくれたのでした。

でも…この姿勢では私が眠れないのよぉぉ~。
うちのレノン号は1300ccのセダンなんだよ。
後部座席にレノンのトラベルキャリーが横向きに置いてあり、その残りのスペースにレノちん&手を押えこまれた私。
しばらくしてから、落ち着いてるようだったのでそっと手を引き抜いたけどわずかに姿勢を変えることしかできなくてほとんど寝られませんでしたとさ。。。

翌朝のレノちんは食欲全開でがつがつご飯を食べ良いンコを出し元気いっぱい。
かぁちゃんは寝不足だけどね、レノちんの元気な笑顔を見られたらそれでいいよ。
a0009750_1081079.jpg

a0009750_1083489.jpg

a0009750_1085115.jpg

[PR]

by berry_n | 2008-10-06 10:12 | レノン | Trackback | Comments(3)
line

愛犬レノンと日々の出来事


by berry_n
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31