<   2008年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧


那須ガーデンアウトレット

オープンして少し経ったので道路が渋滞することもなかろうってことで、今日は那須に行ってみました。

このところずっと特定の人と犬以外全く見ていないレノちん、駐車場で車から降ろしたとたん「犬だ! 人だ! なんかいっぱいいるっ!!」脳みそお祭り状態で激しくクルクルしちゃってます。
ゲートから離れた位置の砂利敷き駐車場からてくてく建物に向かって歩いてると「キャ~、回ってる~」の声と笑いが背後から聞こえてきます。階段でも一段ごとに1回転してれば目立つよね(^^;

a0009750_2264456.jpg

a0009750_2272228.jpg

とりあえずドッグランで走って発散してもらいましょう。
ドッグカフェの中を通り抜けテラスで受け付けをすませ、ドッグランへ。
一応小型犬エリアがあるのですがとっても狭いので、レノちんはサイズを問わない方のエリアに行きました。
しばらくあっちこっちクンクンしてから、近くにいる犬達とご挨拶。
元気なかっ飛びジャックラッセルテリアがいたのですが、スイッチが入って一緒に走り始めてもレノちんは左旋回でジャックは右旋回…すぐに離ればなれになって駆けっこにならないのでした(笑)

走らせてガス抜きし、身近に犬がいる状況に慣れたところでリードをつけお買い物。
DOG DEPTでレインウェアを購入。
対応してくれたお店の方が身につけていたスタッフ証にスキッパーキの写真が入っていたので「あれ? スキッパーキですね?」って言ったら以前2頭のシッパの世話をしていたことがあるとのことでした。那須動物とか王国で働いてた方なのかな。

犬関係以外でも、抱っこすれば入店OKのお店も多いので何カ所かまわってみました。
でもいまいちお買い得感が薄くて、結局買い物したのはレノンの服とおやつだけ~(笑)

a0009750_228012.jpg

ドッグカフェに戻って、少し遅いお昼ご飯。
たくさんドッグランで走って、テラス席で伸びてるレノちん。
a0009750_2291519.jpg

隣のテーブルに料理が運ばれたきたら、そわそわワサワサ落ち着かなくなってきたので椅子の上にのせてステイ。
サラダを少しだけお裾分け。

アウトレットを後にして、次は同じく那須にオープンしたばかりのスーパービバホームへ。
駅前で客待ちしながら雑談中のタクシーの運転手さんにビバホームへの道順をたずねたら、着いたのはなぜかダイユー8だった…違うって(-_-)

a0009750_2295576.jpg

ビバホームで田舎のわんこカートを初体験。
ガラガラ押され、最初は音と振動にビビリ気味だったレノちん。
店内に入ると床が滑らかなので少し落ち着いた様子。
特売のペットシーツをカートに積み、おやつ売り場にきたらレノさんいきなり立ち上がり身を乗り出す。さっきまでびびってたの誰だよ~(--;)

買い物のあとは白河に出て、先日開通したばかりの甲子トンネルを通って帰ってきました。


最近レノちんがちょっと神経質で些細なことに反応して吠えたり怯えたりしてたので、犬の多い場所に連れて行ったら見た瞬間から吠えっぱなしになるのでは? とちょっと心配だったのですが、意外なほど吠えませんでした。車から降ろす前にレスキュークリーム使ったけどその効果があったのかな。
ちいさな子供が触っても逃げずになでられてたし、最後は背中に頬ずりまでされたりしてました(^^;

お出かけであっちこっち行くことは犬にとってストレスもあるだろうけど、留守番よりは一緒に行動したいだろうしたまにいろんな刺激を受けるのも(過度にならない程度なら)必要かなと思ったりしました。
[PR]

by berry_n | 2008-09-28 22:12 | レノン | Trackback | Comments(6)

首疲れません?

a0009750_10535063.jpg

夜、ふと横を見るとレノちんが爆睡していた。
その姿勢って首が辛くないんでしょうか?

私がお風呂に入るときに目をさまし、寝ぼけたアザラシ顔で起きてきました。
お耳裏返し状態で頭に張りついたままだよ…。
折れ曲がったままずっと寝てるから耳に寝ぐせがついたのか?
元に戻さなくて気持ち悪くないのかなぁ。
せっかく美形シッパと言ってもらってるのに、寝起きが間抜けすぎ(--;)
[PR]

by berry_n | 2008-09-22 10:56 | レノン | Trackback | Comments(6)

お出かけ日和

や今日は彼岸の入りなので、朝起きたら団子を作って仏壇にお供えしました。
団子の粉をコネコネしてると、この粉はどこからきたのかなとやっぱり気になってしまう。きっと菓子や外食なんかで問題の米の加工品を私も口にしてるんだろうな…。

お彼岸だけどお客さんが来るのはたぶん中日だから、今日は温泉に行こうと旦那が言い出す。ちょっと距離があるけど玉梨温泉に行きたいと言う。旦那のお気に入りなのだが、私的には微妙。

まずはスーパーのチラシをチェックして買う物をメモ。
JAの朝市で野菜やお供えする花を買って、スーパー行ってそれから温泉に向かう。

途中のダムでお散歩。
朝市で買った茹でトウモロコシをかじる。
朝もぎたてを茹でてるので、甘くて美味しい。

レノちんにはちょっと暑いくらいの日差しになってきたので、車に戻って温泉へ。玉梨温泉近くのとうふ茶屋で豆乳ソフトを食べました。豆乳はどちらかといえば好んで口にしたいとは思わないのだけれど、ソフトは美味しくいただけました。

さて、お昼近くになってやっと玉梨温泉到着。
共同浴場には露天や混浴もありますが、今回はせせらぎ荘(¥250)を利用。
女湯貸し切り状態でのんびりつかったあとは沼沢湖へ移動。
a0009750_23303958.jpg

椎名誠写真館は本日休館。



a0009750_2331201.jpg

こちらは妖精美術館です(入館料¥300)
レノちんは旦那とその辺を散歩して外で待っててもらおうと思ったのですが、受付で「抱っこしてたら犬も入館OKでしょうか?」とたずねると笑顔の「いいですよ」という返事がいただけました(^-^)
人形の他に絵画や妖精に関係する絵本などを揃えたコーナーもあります。お客さんが少ない(というか行ったときは私たちだけだった)お好きな方は静かにゆったり世界に浸れます。


a0009750_2331345.jpg

帰り際にお土産物のコーナーでみつけて連れてきたピーターラビットに出てくるリスのナトキン。
お買い得価格¥800でございました♪


a0009750_2332068.jpg

妖精美術館の周囲はこんな景色。
湖まで下っていく道沿いにはところどころ栗の木があり、道を歩いてると目の前に落ちてきたりするので頭上注意です。



a0009750_23321634.jpg

いつものコースとちょっと違う景色を楽しんでもらえたかな?>レノちん
[PR]

by berry_n | 2008-09-20 23:37 | レノン | Trackback | Comments(4)

白髪

a0009750_14455377.jpg

この写真ではわかりにくいのですが、最近マズルの先に白髪がポツポツ混ざり始めたのに気づきました。
いままでは1本1本バラバラな場所にはえてきてたので、レノンは口のとこじゃなくて全身が霜降り状態でまばらに白くなっていくのかなと思っていましたがどうやら違うようです。
マズルの先が白くなる子は多いようですがけっこう若いうちから一部分に集中して白髪がはえてるようなので、白髪=老化ではなく何か遺伝的なものも関係あるのかもしれません。

レノンを迎えに行ったとき会った父犬(シップ:当時9歳)は目立つ白髪はなかったので、会わせてもらえなかったお母さんから受け継いだのかな?
兄弟達も同じように変化していくのでしょうか、ちょっと興味ありです。

レノンはもっと若いうちから、お股だけ白髪がバラバラはえてました。
実は同じような部位に私も白髪が一房あります。20年以上前バイクでトラックと事故ったときに強打した部位で、まだ乙女(?)だった私は医者に言えず自然治癒にまかせたんですが、あのときのダメージで毛根がお亡くなりになったのか?(^^;

怪我をした場所が白髪になったという話も聞きますので、レノちんのお股の白髪は去勢手術の影響でしょうか?
でもそうしたら手術済みの子はみんな白髪になっちゃいますよねぇ。レディは数回手術を経験してるけどその箇所が白くなるってことは無かったし…う~ん、なんだかよくわかりません。


まっ、理由が何であれ、どこがどれだけ白くなっても私にとってレノンは「一番可愛いうちの子」ですけどね(笑)



a0009750_14462559.jpg

先日体重をはかったら5.2キロでした。
ちょっと太い?(^^;
a0009750_1446468.jpg

美味しそうな「ナス尻」
[PR]

by berry_n | 2008-09-15 14:51 | レノン | Trackback | Comments(11)

ご褒美の価値

お散歩友達のジョンの家に行ったら、庭でジョンが飼い主さんから煮干しをもらっていました。万年腹減りがっつき野郎のレノちんは、ジョンママさんのとこにぶっ飛んで行ってねだります。
私は「あげないでね」ってストップをかけ、レノンを呼びます。
どんなにねだっても煮干しはレノンの口に入らないので、やがて戻ってきました。

  A.誘惑を退けて戻ったことを褒め煮干しより大好きなチーズを与える

  B.ジョンママが私の横に座ってるレノンの所まで来て煮干しを与える

さて、どっちがご褒美として有効に作用するでしょうか?

Bは『ザ・カルチャークラッシュ』の「小学校レベルの呼び戻し」のところに載っている方法です。
誘惑者の手から褒美を与えたら、余計にその人を追い回し離れなくなっちゃうんじゃない? って思うかもしません。実際に初めて試した時は、レノンを放すとジョンママにまた張りついて行きました。
でも数回繰り返すと追いかけていく途中の「おいで」の呼びに反応するようになりました。あっちにある良い物は「おいで」に従うと手に入ると気づいたんですね。で、いったんその回路がつながると、食べたくて脳みそ煮え煮え興奮状態でも「おいで」の声が届くようになりました。

Aのチーズを与えた場合はどうでしょうか。
もっと美味しい物がもらえるなら、私から離れないでいようと思うでしょうか?
レノちんなら食べ終わった瞬間、煮干しに再挑戦すべくジョンママへ向かってダッシュすると思います(^^;

そもそも、そのときレノンが欲しいのは「今ジョンがもらってる煮干し」なわけで、嗜好性の良い物が一番のご褒美じゃないんです。
状況によってご褒美の順位や価値はコロコロ変化してて、その時に気持ちが引きつけられてる物が一番のご褒美になったりするわけです。

食べ物以外でもそれは同じ事なので、散歩中に草むらの匂いを嗅ぎたくて急にレノンがリードを引っ張ったとします。この場合もリードを持つ手を固定して(絶対に引き寄せない)「おいで」です。戻って横についたら、一緒に草の所へ歩いていき匂いを嗅ぐというご褒美を与えます。

仲の良い犬に挨拶したくて引っ張るときも同じ。「おいで」に従ったら挨拶に行くのを許可します。

『誘惑物は最大のご褒美』なので、何にでも興味を持ってどこにでも鼻を突っ込みたいスキッパーキには「おいで」を教えるトレーニングのチャンスがたくさん転がってるわけです。
愛犬がどんな誘惑にもなびかないほど魅力的な飼い主になるのは難しいですが、うまくご褒美を管理していくことで呼びに応じる子に育てる事は可能です。

普段の生活の中でちょっとだけ意識して積み重ねていくと、対象物が変わっても応用がきくようになっていきます。

ご褒美をちらつかせながら「来たらコレをあげる」という賄賂的な使い方をしていると、「あっ、あんた今おやつ持ってないでしょ? じゃぁ戻らないよ~ん」ってことになりますので考え方を切り替えて試してみてはいかがでしょうか。
ゆるい飼い主がゆるい教え方をしてもそれなりに効果がありましたし、手ぶらで呼んでも戻ってくるようになるのでおすすめですよ~(^-^)
[PR]

by berry_n | 2008-09-13 13:26 | レノン | Trackback | Comments(2)

マンゴーカルピス

苦手な物に限って、お中元とかの頂き物でやってくるのはなんでだろう。。。
ちなみに、わたくしカルピスとゼリー関係がちょっと苦手でございます。
それと、濃厚なジュース系も苦手 ネクターとかウェルチのたぐいがダメダメです。

きっと一般的な女性の嗜好だと喜ばれるものなのでしょう。
この夏もカルピスとゼリーを頂きました。
おそらく私向きに選んで買ってきてくれたのだと思うのですよ。
でもね、苦手ど真ん中です(^^; >お義姉さん

テーブルにカルピスとゼリー
手を付けずにこのまま放置するのは心苦しい。
夕張メロンゼリーは冷蔵庫でシャーベットにして来客や旦那に消費してもらった。
カルピス…う~ん、ホットケーキミックスに混ぜて焼いたらいけるか?
ということで、マンゴーカルピス・スキムミルク・フルーツ缶などをホットケーキミックスに投入し、オーブントースターで焼いてみた。
a0009750_16293443.jpg


一口サイズのプチケーキですが、フルーティーな香りがふわっと広がり良い感じです。
開封しちゃったからせっせと使わなければ。
今度は何に入れようかなぅ…。
薄めて飲む以外に美味しい利用法がありましたらよろしくです~。
[PR]

by berry_n | 2008-09-10 16:32 | その他 | Trackback | Comments(12)

食べない。。。

a0009750_15252048.jpg

これは以前にもブログに貼った写真。
「夏はゴーヤだ、丸かじりだぜっ!」なレノさんです。

食べることが生きがいのようなレノちん。
「なんでも 食べましょ 良く噛んで~♪」なレノちん。
高熱出してフラフラのときでもご飯を完食して獣医師を呆れさせたレノちん。
こいつが食べないときは生命活動が終わってるときだなって思っていた。


それが、昨日は大好きなチーズも焼き芋にも全く口をつけません。
匂いすら嗅ぎません(-_-)

近所で爆竹がなったんですが、その音が怖くて動揺し何も食べられなくなったようです。音がしなくなって10分たっても20分経っても、不安と警戒の表情で食べようとしません。
普段は入らない場所に逃げ込もうとするし、座卓の下でじ~~~っと小さくなってました。
でも、2時間ぐらいしてからお芋を見せて「食べる?」ってきいたら「喰う!!」って即答したので病気じゃなくて良かった~と安心した私です。


病院で先生が怖くて粉ふき犬になって震えてたときも餌を見せればその先生の手からガツガツ食べるような奴だったのに。
こんなに繊細だったとは。。。

ホタル祭りのときにスタートの合図のピストルで驚いてから、破裂音に敏感になってしまったのかな。
レディの音響シャイに比べたらずっと軽度だけれど、苦手な物が増えないよう怯えてる犬への対処法を間違えないようにしなければと思っています。
[PR]

by berry_n | 2008-09-03 15:33 | レノン | Trackback | Comments(8)
line

愛犬レノンと日々の出来事


by berry_n
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30