<   2004年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧


定位置

車での留守番は慣れていて、静かに寝て待てるレノン。
家に残すと遠吠え野郎なので、お出かけするときはいつも一緒。

仔犬の頃から全く車酔いしないので、とても楽。
トラベルキャリーに入れて後部座席に置き、エンジンをかけるとすぐにコテッと横になる。
ウネウネした山道ではキャリーの中をズズ~、ズズ~と滑っている。それでも変な形になったまま寝ている(^_^;)
a0009750_12104692.jpg

たまに外の景色を見せてあげようかなと思いキャリーから出すと、レノンはすぐにリアシートの後の所に上がる。立つと頭がリアガラスに押しつけられる狭いスペースなのだがレノちん、なぜかここがお気に入り。お馬鹿は高い所が好きなのか?(-_-;)
スピーカー部分やヘッドレストに顎を乗せていたりする。
走行中はじっとしてるので、後続車からは縫いぐるみに見えてるかもしれず。
信号待ちで急に動いて驚いてたりして(笑)

スタンドに寄ると店員に愛嬌を振りまくので、ガラスの内側はレノンの鼻スタンプ満開です。それ以外は、いたずらもしないので手がかかりません。
ただ…放しておくと、バックミラーでレノンを見ては和んでいる運転手が不安かも。
運転中、ミラー越しに見つめ合ってはいけません。
しっかり前を見て運転してくださいね>旦那
[PR]

by berry_n | 2004-11-30 12:10 | Trackback | Comments(2)

ふくちゃん、頑張りました!

ニフティ時代のお友達、ロビ家のふくちゃんがフリスビー大会にデビューするというので実家へ向かう前に応援に行くことにしました。
土曜日、マリン家のンコ入りバケツも吹っ飛ぶ強風の中、早起きして茨城へ出発。

5時、外は真っ暗。
強風にくわえて雨(途中でみぞれに…)こんな中でフリスビー大会って出来るのか?
一抹の不安を抱きながら走っていると、夜が明けはじめ栃木を抜ける頃には晴天!

今回はどうにか道に迷わず会場に到着することができました。
駐車場に車を停め、コートを目指すとすぐにロビちゃん達を発見。
しかし、なんてこったい…たった今終わったですってぇぇぇ?!(途中で、かき揚げうどんなんて食べてる場合じゃなかったのね~)
 でも、聞くと現在トップで、もう1ラウンドあるらしい。ホッ

次の出番まで時間があるので、犬達を遊ばせたり競技の見学をしたりしていた。
フリスビー大会を前に見たのは何年前だろう? 全体的にあれからずいぶんレベルが上がってるような感じ。特に子供! ちっちゃい子が強風にも負けず美しいフォームでビシッと投げるのだよ。輪投げのようなへぼへぼスローしかできないおばさんは、そりゃ~もうビックリさ(^_^;
出場している犬種もボーダーコリーが大半をしめている。昔はラブが主流だったけど、2頭目、3頭目はボーダーという競技者が増えたのだろう。
小型犬はほとんどコーギーだった。スキッパーキが出たら目立つだろうな(笑)

レノンとウロウロしていたら、結構いろんな人に声をかけられた。ちゃんと犬種を知っている人もいる。さすがに会津とは反応が違う。
大会のスタッフらしき女性に可愛がられ「絶対うけるから次回は出るように」とレノンは「営業部長」に任命されていた。ポイントは捨てて、お茶目さ全開で走れば良いということ?(^_^;)

さて、そうしているうちにチャレンジの2ラウンド開始。
やはり風が強いです。犬の能力も必要だけど、投げ手の技量が大きく問われる大会となっている。頑張れっ! 日本のぴーたーぶるーむU1君(笑)

ふく嬢、懸命にディスクを追ってます
a0009750_17441512.jpg

お耳をおっぴろげて飛んできます
a0009750_17444953.jpg

「何ということでしょう」←ビフォーアフターふう
冗談かと思われた「初出場でお立ち台」を実現して見せてくれたではありませんか!
a0009750_17452765.jpg


懐かしい人・犬に会えてとても楽しい時間が過ごせました♪
ゆめ様も元気で遊んでくれて、乳母は嬉しゅうございましたです(^^)
名残惜しいのだけど、実家の両親がレノンの到着を待ちわびているので表彰式が終わった所でさようなら。

実家でドタバタしないように、レノンをガンガン走らせてから向かったのに到着する頃にはフル充電完了であった。まったくタフな狸さんである(--;)
[PR]

by berry_n | 2004-11-29 17:45 | Trackback | Comments(3)

演技はほどほどに…

混乱して終わった「バーン!」
食べ物を使わないでもう一度ゆっくり教えてみた。
テンションは低いが、この方がちゃんと考えて動くので成果がありそうだ。
導入段階でおやつを使うのはよいが、そのままだと勢いでやってるので完成度が低い。
食べ物を使わずに「褒め」がちゃんと伝わるように努力しなくちゃねと思った。

で、食べ物を持たずに教えたら意外にすんなり「死んだふり」ができちゃいました。
混乱していた頭が整理されてきたのでしょうか?
右手にデジカメを持ち、左手でレノンを狙って「バーン!」
ゆっくり倒れて↓の姿勢で止まりました。
a0009750_11525795.jpg


夕方、帰宅した旦那にその成果を見せようと思い「バーン」とやってみました。
つい調子に乗っていたのか大げさになっていた私のアクションや声のトーンに、驚いたのかレノン困惑。
そのまま後退りして「父ちゃ~ん、母ちゃんがいじめるのぉ」と、旦那の背中に隠れるようにしてはり付いてしまいました。こんなことは初めて。
幻の銃弾に撃たれてダメージを受けるほど繊細な男だったのか?
「不安にさせてごめんよ~、怒ってるんじゃないからおいで~」
笑顔で呼ぶと安心したように走り寄り、ペロペロなめてベッタリ甘えてきた。
表情や声のトーンの与える影響の大きさに気づかされた出来事でした。

後でちゃんとフォローしておいたので「バーン」後遺症は無いと思いますが、皆様もトレーニング中の演技はほどほどに(^_^;)
[PR]

by berry_n | 2004-11-26 11:53 | Trackback | Comments(5)

「バーン!」その後

先日挑戦してみたら、コロンコロン回転するので保留にしていた「バーン!」
おぎおぎさん、なぐさんのアドバイスにより「弾を避ける芸」として再チャレンジしてみました。

指をピストルの形にして床を指差して伏せ
そのまま横に指を少し滑らせるとゴロン
そこに「バーン!」の言葉をかぶせながら、指を徐々に床から離してみた。
対面して1メートル位離れても…バーンで回転しました~♪

でも、普通の死んだふりも出来ないものだろうかと試してみる。
仰向けにすると回ってしまうので、手で支えながらゆっくり横倒しにした状態で止めてみる。
うんうん、良い感じかも。
添えていた手をはなした状態でやると、勢いよく倒れるので「静かに横倒し」の位置では止まれない。
仰向けで足をバタバタさせながら「これかっ?」と顔を見る。違うよ(--;)
う~ん、不死身のレノ君。おとなしく死ぬことは出来ないらしい。

その姿を見ていたら「これって…似てるかも」と思う。
何にって? それは、黒くてしぶといアイツ。
触覚つきの帽子をかぶせて、もう1対足を増やせば…(^_^;)

   新芸「瀕死のゴキブリ」(爆)


夕方、台所でキュウリをきざむ私の背後に忍び寄るレノンの気配。
見ると、進入禁止エリアと決めている台所に4本とも足が入っている。
最近すっかり図々しくなっている。
そんな奴は…撃ってやるぅ~!
腕を伸ばし、レノンを狙って「バーン!」
予想外の私の行動に驚いたのか、撃たれたレノンはまん丸い目をして立ち上がる。
吠えながら万歳を素早く3回繰り返したのち、倒れてもがいた。
ぷぷっ、おまえは面白いね~。
「ほれ、キュウリあげるからもう一回やってごらん」
小さくちぎったキュウリをあげたら、何も言わないのに「瀕死のゴキブリ」になっていた。
レノンはご飯がまだだったので、薄切りキュウリで脳味噌沸騰、興奮状態。
出来ることを片っ端から連続技で繰り出す。
・・・何だかわけのわからない芸になってるし。振り出しじゃん。
こうして不完全な芸が増えてゆく~(-_-)

「犬のトレーニングは空腹時に」ってのは、レノンに関してはあてはまらないようである。
[PR]

by berry_n | 2004-11-25 11:41 | Trackback | Comments(4)

レノンの耳は猫の耳?

私は肉球フェチである。
レノンを膝に乗せて、肉球を指でウニウニする。
眠いときの、ちょっと温かでしっとり加減のときが良い感じ♪
香ばしいような肉球をかぎながら
「レノンの肉球の香りで分かるんです。今日もたくさん遊んだね」
と某シャンプーのCMの真似をしてみる(馬鹿だな…)

旦那は肉球には興味を示さないが、レノンの耳の手触りがお気に入り。
「ほらほら、ここの毛は滑らかで柔らかく気持ちいいよ」と嬉しそうになでている。
夫は猫好きで猫が飼いたかった人なので、レノンの耳に猫の手触りを感じているのだろうか。

レノンの耳は薄くて柔らかい。
仔犬の頃、ハウスの隅っこに頭を押しつけ(耳が裏返しに折れてた状態)寝ていたレノン。
気がついたら耳に寝癖がついていた(笑)

現在もその名残で耳の先端が微妙に反っている(^_^;)
a0009750_121653.jpg



以前、マリン家に遊びにいったときのこと。
帰宅して、旦那が最初に発した感想は「マリン君って、耳に力があるね~」であった。
さすが耳フェチ、妙なところに感心するものだ(笑)
確かに抱っこした感じでは全体的にレノンより、中身がギュギュっと詰まっていて「硬い」という印象(他人に抱かれて緊張してたのか?)でしたが、私は耳まで気がつかなかったよ。

今度オフ会があったら、いろんな子を触って(嗅いで)みたいものです。
[PR]

by berry_n | 2004-11-24 12:01 | Trackback | Comments(2)

黒い犬を撮る

a0009750_13553759.jpg

なんだか好評だったので、昨日の画像の別バージョン。
レノンはこの姿勢でいることの方が多いです。
キチンと揃えた前足に顎を乗せた状態でよく眠っています。

夜の室内撮影なので光量が足りないボケボケ写真ですがそれも素人写真の味わいよね。
絞り優先モードで開放にしてもシャッタースピードは赤い表示で1/2秒(^_^;)
赤い表示は無視して、手ぶれピンぼけ気にせずシャッターを切ります。
フィルムだったらもったいなくて出来ないけど、デジカメは消せるからいろいろ試せてよいです。


ちなみに、何も設定をいじらずカメラ任せにして撮ったのはこんな感じ。
a0009750_1356216.jpg

近距離で発光させると、黒い毛が光って怖い顔になっちゃいます。
ボアのベッドも真っ白にとんじゃって、質感もなにもありません。

クッキリ・ハッキリ撮すよりは、ちょっとぼかしたぐらいの方が可愛く見えたりするので皆様も愛犬が眠そうなときにでもデジカメを発光させずに撮影してみてはどうでしょう。
ホワイトバランスを変えて撮るのも面白いです(^^)
[PR]

by berry_n | 2004-11-23 13:56 | Trackback(1) | Comments(3)

冬の準備

朝、温風ヒーターを点けようとしたら表示されていた室温が3度…寒い。
散歩道の景色も秋から冬へと急速に変化している。
ポコポコ連なる山々がうっすら雪化粧して「あぁ、雪見だいふくみたいだ…」と思う。

雪になる前に車のタイヤを冬用にチェンジした。
う~ん、ペーパードライバーから卒業できずにまた雪の季節だよ(-_-;)
今年も短距離で数回しかハンドルを握ることが無かったのだが「これじゃ原チャリか耕耘機だろっ!」というペースで走っていた頃に比べたら少しは進歩したかも(笑)
高速使って埼玉まで自力で運転できるようになる頃には、免許返上の歳になったりして…。

日曜日、天気も良く風もない。
本格的に寒くなる前に雪囲いを済ませることにした。
屋根からの落雪で窓ガラスが割れたりしないように、囲ってしまうのだ。
外でトントン・カンカンやってると、家の中から「キャオォォォォォ~ン!」とレノンの遠吠えが聞こえる(--;)
近くに居るのがわかっていて呼んでいるのだ。
甘ったれで困ったものである。
あきらめるまで、ひたすら無視。

途中で材料を買い足しに行ったりして、暗くなる頃終了。
結局レノちんは、お散歩にも連れて行ってもらえませんでしたとさ。


ちぇ、僕もオフ会に行きたかったな…。
a0009750_11315326.jpg



埋め合わせに、今度の土曜日は遊びに出かけようと思っています。
茨城の藤代で行われるフリスビー大会(JFA)に、レノンと一番最初に遊んでくれたお友達のふくちゃんがデビューするらしいので応援に行く予定です。
会場を豆狸連れてうろうろしてますので、暇がある方は遊びにきて声をかけてくださいね(^^)
[PR]

by berry_n | 2004-11-22 11:31 | Trackback | Comments(9)

バーン!

アビーちゃんちのブログを見て、お年寄りや子供にウケがよかろうとレノンにも「バーン!」で死んだふりをさせようと思い立つ。
ずっと使ってなかったクリッカーも引っ張り出してみた。

ひっくり返した姿勢で「待て」
a0009750_12431411.jpg

仰向けにして待てだよと言えば、死んだふりの姿勢を保つことは出来る。
簡単じゃんと思ったのだが、そこから先が進まない。
「ゴロン」で1回転することを以前に教えていたので、誘導するとクリッと回ってしまうのだ。
レノンは降参や服従の意味で自らお腹を見せたことは、いままで1度も無い。
「ほれ、なでろや」と腹を出すこともしない。
どんなに待っても自発的に死ぬことは無い。
なので「待ってクリック」は使えない。
「誘導してクリック」しようにも一瞬で回転してしまうので無理…止められません。

とりあえずときどきひっくり返して、その状態が心地よくなるまでやさしくマッサージを続けてみることにした。


☆本日のおまけ画像
     ザ・ドッグに負けるな 鼻デカ写真(おいおい…)
a0009750_12435720.jpg


     天使の寝顔(怖いってば…)
a0009750_12445770.jpg

[PR]

by berry_n | 2004-11-19 12:45 | Trackback | Comments(5)

真面目に歯磨き

a0009750_13112787.jpg

しばらくレノンの歯磨きをさぼっていたので、夜膝に乗っけてゆっくりチェックしてみた。
む~ん、黄色い部分が大きくなったような…。
やっぱり手抜きはいかんですな(-_-;)

これまでは赤ちゃん用歯ブラシを使ったのだけど、うまく磨けないので今回は歯磨きシートを使用してみました。綿棒に巻き付けているので、磨きたい場所をピンポイントで一本ずつコシコシできます。
大体はきれいになりましたが、上の画像の箇所は黄色いまま…。
ちょっとスケラーでカリカリしてみたけど、取れそうもない。
素人がガリガリやって歯の表面を傷だらけにすると、かえって歯石がつきやすくなるだろうからこれは現状維持に努めることにした。

今回「あれ?」と思ったのは、レノンが長時間口の中をいじられることを以前よりも抵抗無く受け入れてたことです。上顎を持っている左手は軽く保持しているだけで力は入ってません。
半年前のジタバタ犬はどこの誰? という別犬ぶりだよ(^◇^;)
歯ブラシだとカジカジしたくて遊びモードになったりしてましたが、綿棒+歯磨きシートだとおとなしく磨かれていました。
「レノ君偉いねぇ、いい子だねぇ~♪」子守歌のように囁く私の膝で、レノちんはヘニャっと脱力状態。歯磨きが嬉しいっちゅうことはありえないよね…少し大人になって諦めることを学習したのでしょうか。
たまたま今回は、すご~く眠かったからおとなしかっただけだったりして(笑)
とにかく、これからはもう少しマメに歯磨きしてあげようと思います。


ところで、レノンは左の犬歯の後が欠歯(永久歯がはえてこない)なのですが、親戚犬の皆様、歯は揃っています?
[PR]

by berry_n | 2004-11-17 13:12 | Trackback | Comments(3)

でんぐりレノ君

a0009750_11274084.jpg

夜、のんびり寝そべりながら愛犬と戯れる図(いや、愛犬で遊ぶ図か?)

側に張りついているレノンの腰を「レノさん、こってませんか~?」とモミモミする。
ダンゴムシのようにクルンと丸くなるレノン。
「でんぐり、でんぐり~」とお尻をポフポフすると、上の画像のような状態。
わかりにくいですが「股の間から顔を出している」ところです。すごい顔ですな(^_^;

それにしても、体軟らかいよなぁ~。
前屈しても、指先が床から20センチぐらいのことまでしか曲がらない私には驚異的に見えるよ…。
レノ君、キミの先祖はウナギ犬?(^◇^;)


     ↓変な写真ばっかり撮られるレノ君は…
a0009750_11284612.jpg

[PR]

by berry_n | 2004-11-12 11:28 | Trackback | Comments(7)
line

愛犬レノンと日々の出来事


by berry_n
line
カレンダー