<   2004年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧


キミもハンターだったのね。。。。

旦那が帰宅し、夕食の時間。
視界の端で、レノンがパタパタしている。
さっきまでチューブにもたれて寝てたのに、どうした?

見ると機敏な動きで何かを追っている。
「ん?」
と、その小さな何かが飛び跳ねた。
なんで、家の中にカマドウマ(便所コオロギともいふ)が???

その瞬間「パクッ!」
振り向いたとき、微かに プチッ と音がしたような・・・プチって、プチって、もしかして今あなた、噛みましたね? いや~ん(T_T)

「だぁぁぁぁぁぁ! レノン出せっ!!」
私の声に驚いたのか ポトッ と口から落としたレノン。
落ちたブツは形も崩れておらず、微妙に動いた気がするので絶命には至らなかったもよう。
旦那に処理をお願いした。

やっぱり、目の前で動くものには反応しちゃうのね(-_-;)
くわえたのがカメムシでなかったのが救いだわ。。。
[PR]

by berry_n | 2004-10-29 11:17 | Trackback | Comments(5)

寒くなったので

防寒対策に・・・っていうより、ほとんど飼い主の趣味だよな~と思いつつもレノンに服を買ってしまいました(^_^;

a0009750_1239125.jpg

前回は幼稚園児ふうだったので、今回はちょっとアダルトな感じにしてみました。
ナイロン製なので、撥水スプレーでもしておけば雨や雪のときに活躍しそうです。
内側はキルティングで防寒にもよさげな感じ。
1000円を切ってたので、レインコートよりお買得かな?
a0009750_1594511.jpg

フードをかぶせるとこんな感じ。
「わぁ~、レノ君かっこいいねぇ!」とおだてまくり、フードを与えたところ服を着せることを嫌がらずに受け入れるようになりました。服を手にすると走ってくるように…あぁ、単純な奴(笑)
[PR]

by berry_n | 2004-10-28 12:40 | Trackback | Comments(6)

レノンの快適温度って

a0009750_12323477.jpg

レノンが顎を乗せている蛇腹のチューブ、関東にお住まいの方には馴染みが薄いかもしれませんがこちらではポピュラーな節約グッズです。
温風ヒーターからの熱をコタツ(電源はもちろんオフ)の中に引き込むために使います。
お部屋もコタツも温風ヒーター1台でじゅうぶんあったかくなりますです。
これを使えば、ちゃぶ台と毛布でマイコタツもできちゃいます(笑)
関東のホームセンターにも売っていたので、興味のある方はお試しください。

コタツに潜り込んでいるレノンを引っ張り出すと、大抵このチューブにへばりついてます。キミは犬なんだから、そこは暑すぎるでしょ? と場所を移動させると、今度は膝の上でくるんと団子になります。
夏も他の犬がタイルやフローリングで伸びてるとき、わざわざ陽の当たる座布団の上にのって昼寝するし・・・ちょっと変?(^_^;
仔犬の頃肺炎を起こしかけて湯たんぽや毛布で暖かくしてたから、レノンにとっての適温が高めになっちゃったのか?

シベリアンハスキーの多頭飼いしてる知人のとこも「コタツ犬」で、暑くて我慢できなくなると「ぷは~」って顔を出すらしい。飼い主曰く「うちのはハワイアンハスキー」ですと(笑)
犬種の特性より、育つ環境の方が影響大ってことなのかしらん。



・・・と、また地震が。
この辺は震度4でしたが、何も落下せず無事です。
寝ていたレノンは頭を上げただけでした。
興奮して暴れるよりいいけどね、危機感なさすぎですな(-_-;)
[PR]

by berry_n | 2004-10-27 12:32 | Trackback | Comments(5)

劇的ビフォーアフター?

a0009750_10584913.jpg

可愛いと言ってもらった前回の仔犬画像。その1週間ぐらい前の姿。
「まぁ、可愛い仔犬の寝顔」と思ったそこのあなた、不正解です。

「高熱で具合が悪く、助けを求めて膝に登りグッタリ横たわり動けなくなっている」が正解。
最初、私もすぐには気づかなかったんですよねぇ(ダメ飼い主ですまんなレノン)
クゥクゥ言いながら膝に上がってきて寝る姿は、ごく普通の甘える仔犬の姿にみえたので「あらあら甘えてくれて、環境に慣れて落ち着いてきたのかな」などとのんきに思ったのでした。
ご飯も勢いはないけど完食したし、ンコも正常。
でも、でも何か変? あれ、熱いよ。病気だよ、これは~。

すぐに病院に連れて行きました。
先生は「ええっ? この状態でご飯食べられたんですか?」と驚き呆れてました。
これだけ熱があったら、普通の子は完食どころかご飯に口もつけないらしい。
レノンのパワーダウンした状態が、普通の健康な仔犬の状態ってことなのねん。

教訓:レノンが普通の犬に見えるとき、それは「病気」

病院で診てもらった翌日にはドタドタ走りまわり「絶対膝になんて乗らない仔犬」に復活し、回復の早さに驚かされました。


a0009750_10595691.jpg

安心したその2日後、朝起きてレノンの顔を見てビックリ。
目が腫れて、ほとんど開かない状態になってました。
上の画像は昼頃になって、少し目があけられるようになってきたときのもの。
またまた病院へ。
囓ったり暴れたりしてるときに、どこかで目を擦ってしまったのではないかということで目薬をもらって帰ってきました。

食い意地がはってるので「目薬を差したらフードを1粒」の交換条件をすぐに受け入れ、目薬を見せると走ってくるように(笑)
1日数回、せっせと目薬をつけていたらば、これまた驚く速さで回復。
そうして数日後の姿が↓の画像です。
今回の不細工なのと2枚並べたら、絶対同じ犬に見えないよなぁ~と思ったのでした。
[PR]

by berry_n | 2004-10-25 11:00 | Trackback | Comments(6)

もうすぐ1年

a0009750_136616.jpg

画像は我が家に迎えて10日目のレノン。
すでにカメラ目線ですね(笑)


去年の10月25日、突然思い立ち問い合わせの電話をし、その日のうちに福島から埼玉へ仔犬を迎えに行きました。
埼玉へ向かう道中、ホームセンターに寄りサークルやペットシーツ、キャリーバッグ、フード、カラー、玩具などをバタバタと買い揃え後部座席は荷物満載でブリーダーさんの所に到着。

6頭の仔犬を見せてもらい、旦那に懐いていた一番ちっこい仔犬を連れて帰ることにしました。
3ヶ月半にもかかわらず、ワクチンが未接種だったのでそのまま車で病院へ。
ワクチンのタイミングや急激な環境の変化に問題があったのか、その後高熱を出し肺炎になりかけたりといろいろ不安にさせる仔犬でした。
1.7キロ、片手に乗っかるサイズの仔犬がグッタリしてると心配で側を離れられず、夜は湯たんぽを入れたキャリーに寝かせ枕元に置きました。
いつもいつもレノンが見える場所にいる生活がつづき・・・気が付いたら分離不安な仔犬になってました(-_-;)

私が2階に行くと「キャオォォォォォ~ン」と遠吠え。
トイレに行っただけで「キャオォォォォォ~ン」
すぐ隣の部屋で片付けものをしてても「キャオォォォォォ~ン」
私がレノンの視界からはずれると「キャオォォォォォ~ン」
あきらめるまで待とうと思っても、エンドレスで「キャオォォォォォ~ン」
なでられるのも抱っこされるのも大嫌いなのに、側についてないとダメな困ったちゃんに成長してしまいました。

2回目のワクチンが終わり散歩できるようになった頃には、生後6ヶ月近くになっていて社会性を育む時期を逃した形になってしまい、他の犬に会えば吠えまくり(-_-)
このままでは問題児街道まっしぐらかも・・・と不安になりました。
雪に閉ざされた冬がすぎ、春の訪れとともにレノンを連れて出かける範囲を広げてゆき、いろんな環境に慣らすように努めてきました。


さて、出会って1年。
気がつくと「キャオォォォォォ~ン」がだいぶ減ったような?
よその犬とも遊べるようになってきました。
抱っこも慣れてくれました。
頭を触らせなかった子が、身をあずけて全身なで放題になりました~(いつもじゃないけど)
他の人にとってはどれも当たり前のことですが、私にとっては信頼関係の深まりが感じられてとっても嬉しい変化なのでした。
そんなわけで、レノンの安心しきった無防備な寝顔を見てると幸せな気分に満たされるこの頃です。
[PR]

by berry_n | 2004-10-22 13:06 | Trackback | Comments(15)

冬眠する気?


a0009750_1257202.jpg
差し込む陽差しを、おつむに浴びながら寝こけているレノン。
部屋の前はすぐ玄関で、チャイムが無いから来客はいきなりガラガラッと開けて入ってくるのだ。

・・・がレノ様、客が来ても吠えません。
っていうか、ベッドから出ることさえしません。
薄目をあけてチラッと確認しておしまい(^_^;)
うるさく吠えるのも困るけど、番犬の血は騒がないのですかい?

寒くなって、コタツが登場しぬくぬくと暖かい場所で眠ることが多くなったレノン。
1日に多くの睡眠時間が必要な仔犬の頃よりも、ず~~~っとたくさん「冬眠する気?」と思うくらい寝ている。
眠いときは、何をしても反応が薄い。
爪をパッチンパッチン切ろうが無抵抗。
全身いじり放題(笑)
耳を裏返しても、戻しもしない。
へにゃ~っと、なすがままで脱力している。
日々、たれぱんだ化しているレノン。
毎日、毎日おつむに集中的に陽を浴びて脳味噌が蒸発したんじゃなかろうか(^_^;)

食欲・元気は以前と変わらず、オンとオフの切り替えがはっきりしてきたという感じ。
スイッチ入りっぱなしの1年前とは別犬のようだなと、膝で眠るレノンを見て思う。
[PR]

by berry_n | 2004-10-21 12:57 | Trackback(1) | Comments(6)

箱の中身は…

a0009750_12101132.jpg

ペリカンさんが荷物を運んできた。
はて? 通販で注文してるものもないはずだが?

箱を開けて中身を確認してみた。

「げっ・・・・」

えっと、あの変な物が入っていたわけじゃないんですけど…
とても甘くて美味しそうな「梨」なんですけど…
けど…
これで梨は3箱目なんですぅぅぅぅぅ(T-T)

近所に配りまくって、減らしてたところだったの。
うち、2人しかいないですけど…
1個700グラムもあるんですけど…
旦那の弁当箱に梨詰め込んじゃおうかなぁ…

ドン、ドン、ドン! ドドンがドン! あっそ~れっ!
梨の箱、三段重ね~。
ええい、もう踊っちゃえ~(^◇^;)

というわけで、ただいまレノン家「梨の食べ放題」を実施中。
梨好きのお客様、歓迎いたします(笑)
[PR]

by berry_n | 2004-10-20 12:10 | Trackback | Comments(2)

近所の生き物たち

レノンといつものコースを散歩する。
途中に、よくヘビとご対面するポイントがある。
嫌いな人は気配にとても敏感になるもので、微かに「カサッ…」なんて聞こえたらドキドキしてしまうのだ。

そこを通過しようとしたら、突然 ボバババババババババッ! 重そうな羽音をたてて足元の草の中から何か飛び出してきた。
心臓バクバク、レノンもビックリ。
重そうな低空飛行で逃げていったのは・・・キジでした。
野生のキジを数十センチの距離で見たのは初めてだよ。逃げるならもっと早いうちに逃げてよね、びっくりするじゃないのさ(--;)
そして、また歩き始めたとたん目の前から ボバババババババババッ!
「二段構えで驚かすなぁ~! 逃げるなら一緒に逃げろよなっ!」
レノンも興奮状態で、キジに文句をたれている。

こっちに来てから、いろんな生き物に出会う。
車の前をウサギ、リス、狸、イタチ、いろんな動物が横切るので、ちょっと危ない。
私はまだ会ったことがないが、カモシカもご近所にお住まいらしい(知り合いが勝手口のドアを開けたら、ご対面したそうだ)

今、各地で騒がれてる熊もご近所さんだ。
今年は、この辺りの山は栗や木の実が多いので庭先までやってこないようだが、一昨年は熊の当たり年だった。山に食べ物がなかったのか、トウモロコシ畑はみんな荒らされた。
家が密集した場所の庭先で、人が集まってきても平気でトウモロコシを食べ続ける熊さん。
このあつかましさって・・・(--;)
こんな生き物に、熊よけの鈴って効果があるのだろうか? と疑問になるのだ。
鈴の音に「あっ、美味しい物を背負った人間がきたよ♪」と寄ってくるんじゃないかと思ってしまう(-_-)

熊騒動が無いためか、他県からやって来て入山禁止の山を荒らして行く人が絶えない。
「ちょっくら、おめぇがいの(あなたのいえの)熊っ子貸してけろや」とレノンに出動要請が来たりするくらいだ(^_^;
山にレノンを連れて行って、不法侵入してる人達を脅かして追い払おうというのだ。
しかも「母ちゃんは、着ぐるみきて木をガサガサやる係り」とか言う。おいおい、勝手に決めるな~!
丁重にお断りしたのだけれど、まだ未練があるのかレノンを見るたびに「惜しいなぁ、そっくりなのに…絶対効果あると思うんだけんじょなぁ」と言われるのでした。

a0009750_11341959.jpg

おまけの画像
ここにきたばかりの頃に、近所の湿原で出会った熊さん。
画像では小さくてわかりにくいですが、こっちを向いて座っていたので、肉眼では白い輪もハッキリと見えました。
やさしい生き物に見えたのだけど・・・あまり近くでご対面したくはないですね(^_^;
[PR]

by berry_n | 2004-10-19 11:33 | Trackback | Comments(6)

頑張れ、シープドッグ!

レノンが仔犬の頃からガウガウ敵対し、先日なぜか急に和解したジョンとレノン。
広い場所に放したら一緒に遊ぶかな? と思い、近所の広場に行ってみた。
この緑の広場は整備はいまいちだが、貸切で思う存分走らせられプライベートドッグラン状態で使えて便利なのだ。
a0009750_18102568.jpg

2頭を放したとたん…レノちん ダ~シュ!!
追いかけるジョン。
ピッタリとレノンをマーク。
外側について並んで走る。
囲い込みのような動きを見せるジョン。
すると、レノンは脱走した子羊か?(^_^;

ジョンよ、やっと自分がシープドッグだってことを思い出したのか?
ぶっ飛びレノンの回収係を任命する。
任せたぞっ!>ジョン
a0009750_1811515.jpg

走るふたりをながめていたら・・・おいおい、ジョンよ息があがってないか?
レノンから遅れてないかい?
まだまだ「俺は走るぜっ! ボール投げろ!」なレノン。
ジョンったら、回収係になんないじゃん(-_-;)
[PR]

by berry_n | 2004-10-15 18:11 | Trackback | Comments(6)

食われました(T-T)

a0009750_14201334.jpg

レノ様、お気に入りのハーレイボーン。
一緒に遊んであげないと、ひたすらガキッ、ゴギュ、ガギギと音をたてムキになって囓っています。
取り上げずに部屋に出したままにしていたら・・・食われました。
無敵と思われた玩具ですがレノンの「囓りたい!」という執念に敗れたもよう

成型したさいのゲート部分や足形の部分を集中攻撃し、囓り取りました。
後はコングと同じ運命をたどるのだろうなぁ。
買って1ヶ月たってないのにぃ(T_T)
物はもっと大事にしようよ、レノ君。


a0009750_1421564.jpg

法事の準備で部屋を片付けていたら、背後でレノンがウチワをくわえて踊っていました。
ワッショイですか…レノ君。
踊るレノン御殿は年中無休、いつも賑やかです(^_^;
[PR]

by berry_n | 2004-10-12 14:20 | Trackback | Comments(6)
line

愛犬レノンと日々の出来事


by berry_n
line
カレンダー