<   2004年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧


孝行息子

a0009750_122545.jpg
「豆狸、愛のマッサージ」というイメージで撮ってみました。
やらせ100%(爆)

夜、旦那が畳の上でのびていたのでレノンを呼ぶ。
「アップ」の指示で背中にピョンと乗る。
指で誘導すると、背中の上でバランスをとりながら小さく回る。
体重が軽いのであまり効果は無さそうだけど、足がちっこいのでツボにはまれば少しは効くかも(笑)
[PR]

by berry_n | 2004-06-30 12:27 | Trackback | Comments(2)

レ~ノ君はねっ、バナナが大好きホントだよ~♪

だけど~ちっちゃいから、バ~ナナを一かけしか食べられないの

・・・なんて、のんきに歌っている場合ではない(笑)
朝、バナナを食べていたらその甘い匂いにレノンが大騒ぎ。
「ちゃんとあげるから待ってなさいね~」
と言ったのに、素早くテーブルから「バナナの皮」をくわえて持ち去りやがりました。
母ちゃん、そんな子に育てた覚えはないのに…(T-T)

捕まえようとしたら、あわててバナナの皮を口に詰め込んでしまった。
低くドスのきいた声で「出せ」と命じる。
上目遣いでこっちを見たまま固まるレノン。

近寄って、口からはみ出してるバナナの皮をつまんで引っぱってみた。
諦めたのか抵抗も無く、ズルズルとほぼ1本分を無事回収。
1センチぐらい食べられちゃったけどね(^_^;)

どうやらレノンにとってバナナは、好きな食べ物のかなり上位にランクされているようだ。
何かのときのスペシャルなご褒美に使うと効果絶大かも(笑)


そうそう、何でも喜んで食べるレノちんだけれど、先日ついに苦手な物を発見しました。
それは「レモン」
レモンの酎ハイの空き缶を見せたら寄ってきて匂いを嗅ぎ、くしゃみ連発。
その後は缶に向かって怒って吠えてました(^_^;
生のレモンも試してみましたが同じ反応。

犬は柑橘系が嫌いと本で読んだことがあったけど、レノンも一般的な犬だったようです(笑)
[PR]

by berry_n | 2004-06-29 12:15 | Trackback | Comments(6)

本日のお買い物

a0009750_14459.jpg
100均のダイソーで新しい玩具を見つけたのでつい買ってしまう。
帰ってからレノンに与えると、予想通り大喜び~。
振り回しながら走るので、寝転がってるととっても危険(-_-;)
ガツッ、ドカッ、ゴン!
踊るレノン御殿は今日も賑やかだ(^_^;

ついでに「毛づくろい手袋」も買ってみた。
袋から出して手にはめる。
「こんなので抜け毛が取れるのかな~」と思いながら目の前にいた旦那の頭を撫でてみる。
おっ? 適度な抵抗感があって意外と使えるかも(笑)

旦那の毛が抜けるとまずいので、今度はレノンに試してみる。
抜ける、抜けるぅ~♪
スリッカーでチマチマやってるより早くて楽かも~。
楽しくなって撫でていて、気が付いたら全身レノンの毛まみれに…(-_-)
夏毛に替わるのが遅れていたレノ君、抜け方が今ピークを迎えている感じ。
貧相な狸になりそうな…(笑)
[PR]

by berry_n | 2004-06-28 14:06 | Trackback | Comments(7)

ID NO.TAT.AF0310

a0009750_112148.jpg
レノンを迎えに行ったとき、そのお耳には既に刺青が入っていた。
国内生まれで耳番号を持った犬は、PD関係の子ぐらいだと思っていたのでかなりビックリ。

2日前に入れたばかりだというその耳には、ID番号が AF0310 とドット状に打ち込まれている。緑の顔料のカスが耳のふちにベッタリと固まってついていた。
よく見ると小さなカットも入っている。

外国では一般的なのかもしれないが、日本で生まれた家庭犬で耳番号が入ってる個体はどれくらいいるのだろう? 私は小型犬で入っている犬を見聞きしたことが有りませんでした。

どんな意味があるのかな? 
血統書と個体の一致を確かなものにするためなのかな。
外国では保護した犬の個体識別に利用されたりしているのだろうか。

レノンが旅先ではぐれたとして、誰が耳番号の存在に気がついてくれるのだろう?
成長してからはますます見えにくくなり(かろうじて0310が読みとれる程度)、よほど意識して見ないと番号の存在に気がつかないと思われる。
奇跡的に保護した人が耳を見たとして、JKCに連絡をとるという行動が出来るのだろうか。
JKCに連絡をとったとしても、レノ君は名義変更してないから帰って来れないけど(^_^;
・お出かけ時の迷子対策としては、マイゴレス(ハーフチョークタイプのプレミアカラーに名前と電話番号を刺繍)を着用しています。

さて、私にとっては無意味なこの耳番号、レノンとの関係に大きな弊害をもたらすものでした。
連れてきてすぐ動物病院で外耳炎と診断され治療を受けたのですが、番号を入れてから日が浅いこともあり恐怖心からか捕獲された野生動物のような暴れっぷり…。先生も今後の治療に不安を感じたようでした。
頭部に手が近づくと反射的に飛び退くので、頭をなでてあげることはできません。
何かを教えるときも、愛撫しようと手をやると頭以外でも逃げる…(T-T)
褒めるときにさわれないので、クリッカーとご褒美を使って簡単な躾をしました。

人の手に安心して身をゆだねることが出来るようになってきたのは最近のことです。
病院でも「レノンちゃん、最初のシャイな面影が全然無いですね~」と言われるようになり、やっとスタートラインに立てた感じがしているこの頃なのでありました。
[PR]

by berry_n | 2004-06-25 11:23 | Trackback | Comments(10)

お外がいいの?

a0009750_14580.jpg
多犬種の繁殖をしてるブリーダーのもとから、生後3ヶ月半で我が家に迎え入れたレノン。
う~ん育っちゃってるし、仔犬の飼育環境を想像すると室内トイレのしつけが大変そうだよなぁ。ウチは全部和室で畳の部屋だし、ウンコを平気で踏んじゃう子に育ってたら苦労しそうだなとある程度の覚悟はしていた。

短冊状の新聞紙を敷きつめた小さな箱に入れられて(当時まだ1.7キロ)渡された仔犬。
埼玉から福島まで車で移動する間、箱から伸び上がって外を見たり眠ったりしながら酔うこともなく家に到着。

サークルを組み立て、新聞を敷きつめトイレシートを角に置いた。
仔犬をサークルに入れるとトイレシートに寝そべる。
おいおい、そこを寝床にするつもりか?
起きて新聞の上をウロウロしてシッコをする。
やっぱり「新聞の感触=トイレ」の認識が既に出来ているようだ。
すぐにシッコをシートに吸わせて匂いをつける。
新聞を取り替え、タイミングをみてサークルに仔犬を入れる。
うろうろクンクンする仔犬の横で「ワンツー、ワンツー」呪文のようにとなえていた。
するとシートにつけた匂いに反応し、そこでシッコ。
「偉いねぇ、出来たね~」褒めて、褒めて、褒めちぎってサークルから出し卵ボーロをあげた。
その後はとても高い確率でシートにシッコ。
ンコは歩いてるうちにシートから外れて落下してしまうが、新聞の上だしOKだろう。

翌日には「ワンツー」の言葉でシートに乗るようになった。
ご褒美欲しさに、溜まって無くても絞り出してしてるような感じ(笑)
シートをトイレとして意識できたようなので、3日後にはサークルの扉を開けっ放しにしてみた。
部屋に放しても、かけ声でトイレに走っていく。
スキッパーキって、こんなに簡単に覚えちゃうものなのか?
あまりにも手がかからなくて拍子抜けした感じがした。



・・・が、最近「家の中ではしたくないの」という態度を示すようになってきた。
ワンツーのコマンドではしてくれないのだ。
ひつこく「ワンツー」と繰り返すと、困った顔をして「これはいらないの」とトイレシートを鼻でキレイに折りたたんでしまう(新しいトイレシートなので汚れてるからイヤというわけではない)
またはシートに伏せてしまったりする(-_-;)
オシッコも溜まってるはずなのに「したくない」と言い張る。
大人になってきて、我慢できる時間が長くなってきたせいもあるのかな。

朝一のトイレは室内でOKなのだが、その後は外に出たときにするつもりらしく室内トイレではなかなかしてくれない。
あきらめて散歩のために外に出ると「ワンツー」で直ぐにシッコもンコもする。

まずいなぅ、このまま外でしか出来ない子になると非常に困る。
成犬の雄で室内トイレの子ってどれくらいいるんだろう? やっぱり外派になっちゃう子が多いのだろうか?

今は、まだ夜たま~に室内トイレでもしてくれているので、仔犬のときのように褒めておだててご褒美に美味しいおやつもあげて再トレーニングしてみようかな。

「美味しいご褒美」と「お外の開放感」 さぁ、レノ君どっちを選ぶ?!
[PR]

by berry_n | 2004-06-24 14:59 | Trackback | Comments(5)

涙の理由

a0009750_11551.jpg
上の画像、ブレてますが今朝撮影のレノ君
泣いてるのがわかるでしょうか?
これは旦那から食後のヨーグルトを食べさせてもらっている時の顔です。
美味しい物を食べてると、どんどんウルウルになってジワ~っと溢れ出してきます。
「おいちいよ~」って感激してるように見えて、なんだか愛しさが倍増しちゃったりします。

先日、動物病院にフィラリアの薬をもらいに行ったとき先生に訊いてみました。
「レノン、ご飯のときになくんですけど…」
「えっ、騒ぐんですか?」
「吠えるんじゃなくって、涙を流すんですぅ」

先生、レノンを診察。
「普段もちょっとウルウルした感じですね、この程度は問題は無いですけど涙腺がちょっとつまり気味なのかもしれませんね~」とのお返事。

ふっ…やっぱりな。
感激してるわけぢゃなかったのね(笑)

でも、レノンが幸せを感じてるのは本当だろうと思うので「良かったねぇ、今日も美味しいね~」と目を細めて見つめてしまう親ばかな私がいる。
[PR]

by berry_n | 2004-06-22 11:56 | Trackback | Comments(4)

ドッグショーを見学

ノワちゃんが郡山で開催されるドッグショーでデビューするので見学に行ってみました。
ベビーの部なので出番が早かろうということで、6時半には出発。
ビッグパレットってどこじゃ? 近くまで来たら案内の表示があったので無事到着。

駐車場に入るとすぐに黒い小型犬発見! マリン君です。
マリン父さん(やっぱり今日も素足にサンダルだぁ♪)が、マリン君を引いて練習してました。出番まで時間があるのでこれからスーツに着替えるようです。
ご挨拶して、ノワちゃんの様子を見に行く。
リングの近くのパドック(って言うのかな?)で所属クラブの方と一緒にいました。
美し~く磨き上げている犬達やプロのハンドラーさん達の真剣な表情が「遊びじゃないんだよ」という雰囲気で、ちょっと近寄りがたい。

ノワちゃんは、今日もとても元気そうです。
オーナーハンドラーで、旦那様がノワちゃんと走ります。
応援のみっちさんも緊張気味。

さて、本番。
犬種ごとの審査はスキッパーキのベビー1頭ということもあり、あっと言う間に終了。
もうちょっと走る姿が見たかったよ。
でも、ノワちゃんちの旦那様ハンドリングする姿がさまになってて、とても数回レッスンを受けただけとは思えなかったよ。向いてるのかも>ハンドラー

そのすぐ後にマリン君も登場。
ん~、やっぱり落ち着いてますな。
ピッと止まる姿に「どうにもとまらない犬」の飼い主はため息が漏れるのでありました。
人犬共に競技会等で場数を踏んでいるので、あがっている様子は全くない…っていうか楽しんでる? 無難にこなして午後の審査までお休み。

2頭共次の出番は午後なので、早めにお昼ご飯を食べることにした。
それでも時間の余裕があったので会場をうろつく。
私の中ではドッグショーと言えば「楽しい犬グッズのお買い物!」だったのですが…お店が出てません。フード屋が2店(しっかり試供品をもらったけど)だけでした(-_-)

日陰でのんびり過ごし、ノワちゃんの出番を待つ。
くたさん達が応援に来ていたので一緒にいた。
レノンはくた家のバッグに鼻を突っ込んでガサゴソやるは、まったりかれんちゃんに吠えるは落ち着きが無い(-_-;)

今度は他犬種と一緒の審査です。
リングも広くなって頭数も多い。
ノワちゃんは最初の方で、張り切って走ります。横から見てたのでわからなかったが、張り切りすぎて斜めに傾いて走っていたらしい。
1巡して、審査員が独特の動きでピックアップしていくのだけど誰を指してるのかがわかりにくい。「ん? ノワちゃん、隣?」と思って見ていたらノワちゃんがリングの外へ。
う~ん、残念。練習時と同じ走りが出来なくて悔しそうです。
すでに次に向かって燃えるみっちさんの旦那様、今後が楽しみなペアですね(^^)

マリン父さんもやって来ていろいろお話をする。頭数も多くマリン君は成犬なので出番はまだまだなのだ。
見学してるとベビー、パピー、リング内でンコしちゃう子が続出。おいおい、吐いちゃった子もいるよ大丈夫か?

のんびり話をしていたとき、みっち☆さんが重大な事に気づく。
「ねぇ、これって大人じゃない?」
「成犬の雄だよね?!」
既に並んで最初の子の個体審査が始まろうとしている。
棄権になっちゃうよぉ~と心配するみっちさん、慌てないマリン父。
「ちょっと行ってきますね」とスタスタと歩いて行く。
大丈夫かなぁ、みんなで不安でドキドキ。
…が、気がつくとマリン君がリングの中にいて、台の上でポーズをとっているじゃないですか! 安心と同時に「いつのまに…」と一同爆笑。
マリン父、やはりただ者ではない(笑)

楽しく見学してレノン家は、ビッグパレットを後にしました。
レノンは落ち着きは無かったけれど、あれだけ多くの犬が間近にいても吠えられても喧嘩を売ることも買うこともありませんでした。最近だいぶ犬慣れしてきて嬉しいぞ。
お疲れ気味で車では爆睡のレノ君。
良い経験だったかな?
[PR]

by berry_n | 2004-06-21 14:23 | Trackback | Comments(3)

東北ミニオフ アルバム

a0009750_123415.jpg
集合写真に挑戦!
横一列に並べるのは無理と判断し、フレームの中に収まるように3頭を寄せ集めてみました(^_^;
・・・それにしても、見事にバラバラな方をむいていますな(笑)
[PR]

by berry_n | 2004-06-18 12:35 | Trackback | Comments(12)

マリン君とレノン

a0009750_123157.jpg
標準サイズのマリン君と並ぶと、レノンの豆狸ぶりがわかりますね。
[PR]

by berry_n | 2004-06-18 12:33 | Trackback | Comments(0)

ノワちゃんフェレットとご対面

a0009750_123017.jpg
友好的にご挨拶。
スキッパーキって小動物を狩る仕事をしてた犬種だから、フェレにも反応するかと思ったのだけど、レノンもノワちゃんも全く平気。純粋愛玩犬代表のようなまいちゃんだけが反応してて面白かった。

初めて触ったフェレットはどう抱っこすればいいのかわからない。
加熱された「とろけるチーズ」のようにベニョ~ンとしてて、こぼれ落ちて行きそうな感じがしましたです。
[PR]

by berry_n | 2004-06-18 12:31 | Trackback | Comments(0)
line

愛犬レノンと日々の出来事


by berry_n
line
カレンダー