<   2004年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧


遊び友達が出来たよ♪

a0009750_11205.jpg
休日で、旦那が近くの洗車場に行くというのでレノンと同行。
途中の公園で降りて散歩しながら待つことにした。
阿賀川沿いの広い公園。都会だったら、犬と走るスペースなんて無いほど混雑するんだろうけど田舎なのでガラガラ…(笑)
ソフトやサッカーの練習もしてなかったので、幾つかある芝のグランドも貸切状態。
誰もいないので放して遊ぶ。広い場所が嬉しいのかレノ君転がるように走ります。

暑くなったので、河原に降りてみる。
足首まではチャプチャプと川に入って行くが、それ以上はちょっと嫌そうだ。
泳げるのかな? 細くてちっこい後足を見ると、推進力が無さそうな気がするぞ。川の流れに負けちゃうかも(^_^;)
もう少し暑くなったら、短パンで一緒に川に入り泳ぎの練習させてみようかな。

しばらくすると、お散歩タイムになったのか犬を乗せた車が駐車場の滑り込んできた。
見ていたら、ドアが開き白いミックスちゃんが降りる。
と、ドアがパタンと閉まり車は発進。
「!」
え、ええ~っ? 捨てっちゃうんですかい?!
ビックリして見ていたら、グランドを走る犬の横の道を車は併走してました。
かなり走った後ワンちゃんは無事車に収容されておりましたが、車で伴走とは恐るべし田舎の犬散歩・・・。

その後もポツリポツリとお散歩をする人がやって来ました。
笑顔でこちらを見てる飼い主さんがいたのでご挨拶。
その方の愛犬は、とってもキレイに手入れされている中型ミックスちゃん。
大事にされてる感じがとても好印象。
その子はアオアオ言いながら寝転がったり、体を低くしてレノンを上手に遊びに誘ってくれます。いままでワンワンうるさいレノンと遊んでくれたのは、ロビ家のふくちゃんしかいなかったので嬉しいお友達の誕生です。(^-^)

よその犬に過剰に反応しなくなれば、お出かけ出来る範囲も広がるんだよ。
近いし、またこの公園に遊びに来ようね>レノン


明日から、埼玉の実家に行って来ま~す。
埼玉県内をウロウロする予定。他のスキッパーキにも会えたらいいな♪
[PR]

by berry_n | 2004-04-30 11:21 | Trackback | Comments(2)

デブ疑惑

a0009750_11567.jpg
「肥えたなぁ~」

散歩中に、しみじみとした口調で言われること数回。
そう言えば、抱っこすると重くなったような気がするかも?
最近レノンの体重を計ってないや。
そんなわけで買ってきました体重計(笑)

今まで家にあったのは、農機具屋がくれたふる~い物。
誤差がキロ単位で出るとんでもない代物だったので、ちょっと奮発して良いのを買おうということになりました。
早速チラシをチェック。タニタのインナースキャンが安くなっていたのでそれに決定。
表示は100グラム単位で内臓脂肪も計測される。

箱から出して、使用する人の設定をする。4人まで登録できるらしい。
1番に旦那、2番に私の身長・年齢・性別を入れた。
すると、レノンが走って来て鼻で3番のボタンを「ピッ!」と押した。偶然なんだろうけどあまりにもタイミング良くやって来て3番を押したので笑えた。

オレも家族なんだから3番に登録しろってかい?(笑)
いいけどさ、レノ君の身長っていくつだよ(^_^;)
踵から頭のてっぺんかしら? 年齢は、人間に換算したら中学生ぐらいかな?
んで、ここに踵を乗せてつま先をこっち・・・って無理に決まってるでしょ~!

レノ君の内臓脂肪を計測するのはあきらめて、普通に体重を計ってみた。
3.9kg
あれ? 全然増えてないや。

ついでに自分の体重も計ってみる。
「・・・・・。」

『肥えた』って、私に向けられた言葉だったのか・・・(-_-;)

夫と知り合った頃の体重は
    私+レディ(オーバーサイズのデカシェルティ)=旦那
現在
    私=旦那+レノン

ちゅーことは何かい?
私の体にはレディ+レノン分のお肉(じゃなくて脂肪)が増えたってこと???
頭の中に、レディとレノンがお腹に抱きついてる図が浮かぶ。
う~ん、「どすこい」って感じですな(爆)

夫から「一緒に走ろう」とあたたかいお言葉を頂戴した。
脂がのってるのは、寒いとこに来たから防衛反応なんだもん・・・ってゆう言い訳は通用しないか。(-_-;)
[PR]

by berry_n | 2004-04-28 11:57 | Trackback | Comments(2)

運動音痴

a0009750_13451.jpg
スキッパーキの成犬を生で見たのは2回しかない。
1回目は何年も前のドッグショー。
ここでピョンピョン跳びはねて、ハンドラーのお姉さんの胸に飛び込んでいた黒くて小さな犬に惚れてしまったのだ。

2回目はレノンを迎えに行った日に見た父親犬。
こちらは、年齢的なものなのか人に媚びず甘えず置物のように動かない。
「お茶目で活発な犬」という最初の印象とのギャップが大きすぎてその場で固まってしまった。こんなに落ち着いちゃう犬種なのか?
ちょっと私の思ってたのと違うぞと戸惑っていたら、知らん顔して私の足にマーキング。とぼけた親父だ・・・。(--;)
そんなわけで仔犬がどんなふうに成長するのか、一抹の不安を感じながら家族に迎え入れた。

画像は我が家に来て1週間ぐらい経った頃。
生後112日で体重2キロ。
サンゴ君やノワちゃんの成長ぶりからすると、かなり貧弱な体型(^_^;
連れてきて最初に病院で言われた言葉は「栄養失調ですね」だもの(笑)
レノンの皮をつまんで「筋肉が全然無い」と言われたのでした。
6頭いた中で、一番チビだったからなぁ。
トロくて他の兄弟にご飯を取られちゃってたのか?>レノン

今は動物病院で「良い感じになりましたね~」と言われますが、どうなのだろう?
最近、レノ君は他のスキッパーキに比べたら運痴じゃないのか? と思ったりします。
クルクルとよく回るのですが「ガン、ゴン」いろんな所で頭をぶつけています。だからアホなのか?(-_-)
家の階段はいまだに上がれずピーピー鳴いてます。
ジャンプ力もあまり無い。
抱っこどころか、飛びつくと足が旦那の股間を直撃(爆)

元気で活発だけど鈍くさい・・・やはり飼い主似か。(^◇^;)
レノンはこれからも「いやしい系」のお笑い路線を突き進むことだろう。
[PR]

by berry_n | 2004-04-27 13:05 | Trackback | Comments(4)

春季消防検閲式

a0009750_13423.jpg
私の実家にはないが、ここには「消防団」という組織がある。
今年は、私もそのメンバーなのだ(--;)

で、25日は「検閲式」でした。
寒いじゃないのさ。
雪降ってるじゃん。
制服の上はワイシャツにネクタイ、そこに法被を羽織るだけなので風が入って寒いっ!
外で整列して、会場まで消防車なんかと町中を歩くのだがいつまでも隊が動かない。
そのうち救急車の音・・・本部の誰かが倒れたらしい。消防クラブの子供が駆け寄って支えたので頭を打たずに済んだということだ。偉いぞ>子供

朝から雪が降っていたので、会場が屋外から体育館に変更になったので少し助かったが体育館もやっぱり寒い・・・。来賓の話が長くて眩暈がした。(-_-;)
婦人消防隊の約50名のメンバーの中で、私が一番背が高いので並ぶと先頭になってしまった。間違えるとすっごく目立つので、緊張しまくりで疲れました。
式の後は慰労会。乾杯でアルコールを少しなめただけで全身だるくなる、あぁ眠ってしまいそうだよぉ・・・。「お座敷アルマジロ」に変身する前に終了したので無事帰宅。
レノンの熱烈歓迎を受ける。
2階で着替えていたら下でレノンが「ギャオ~ン、アオ~ン」と絶叫している。寂しがりやで困ったものである。お留守番出来ないなら「秋季検閲式」はレノンも一緒にワンワン消防隊ってことでパレードするかい。ポンプ車のマスコットにどうだろう?(^_^;)
[PR]

by berry_n | 2004-04-26 13:43 | Trackback | Comments(2)

寒かった・・・。

a0009750_133816.jpg
24日(土)
朝、窓を開けたら雪が薄く積もっていた・・・。
4月も終わろうというのに、まだ降るかい。(--;)

山から下りれば、気温も違うだろうということでレノンを車に乗っけて公園めぐりへ出発することにした。 途中で弁当屋に寄ってお昼ご飯を調達し、大川ダムへ。
若郷湖東公園に到着。
思った通り空いている・・・って言うか、誰もいない(爆)
こんな寒い日に、ピクニックをしようという馬鹿者は普通いないよね。
貸切状態の公園で、風を避けながら身を寄せ合って弁当をつつく二人・・・強風で唐揚げが飛びそうになる。
車で食べればいいのに外で堪えてた馬鹿夫婦(-_-;)

そこへ車が2台駐車場にやって来た。物好き大馬鹿ファミリーが他にもいたようだ。
東屋に手作り弁当を広げ食べ始めたが、防寒対策の不備によりすぐさま車に撤収。それが正解だと思う、子供さん達は薄着だったもん。(^_^;)

食べ終わって、レノンと少し遊ぶ。みぞれ交じりの強風にレノンも飛ばされそうなので、撤収して次の公園へ向かう。

R49を若松から郡山へ向かう途中に見かけた「会津レクリエーション公園」というのが気になっていたので偵察してみることにした。
第1~3駐車場まである、広い公園なのだがここも駐車場に車&人影ほとんど無し(笑) 
まだ完成ではないらしく、工事中の場所もあるが新しい公園なのでとってもキレイ!
広くて、散歩道も充実。東屋が数カ所あり良い感じ。
レノンと歩きまわってみたが・・・とにかくこの日は寒かった。私に走りまわる元気が無かったので、最後にトイレのチェックをして帰ることにした。
新しい公園だけあってトイレもキレイです。
しかも『便座が暖かいっ!』 個室で出会った小さな幸せ。
ホッと一息ついて、撤収しました。

帰り道、ヘンテコな鳥が乗っかってる公園の看板があったので、そこもチェック。
「おおるり公園」と言うらしい。ってことは、あの変な鳥はオオルリなのか?
車で流して見てたら「犬は入場不可」の文字があり、オオルリさんにさようなら。

夜から「春季消防検閲式」の練習があるので、若松で買い物をして急いで帰宅。
天気の良い日に、また公園巡りをしてみようと思う。
[PR]

by berry_n | 2004-04-26 13:39 | Trackback | Comments(4)

ベジタリワンコ

a0009750_103556.jpg
お義姉さんのとこから白菜を大量にもらった。
2人家族+ワンなのに、コンテナ2つ分! 今日から主食は白菜か?

取り合えず、外葉をむしって新聞でくるむ。
すぐに食べる分はカゴに放り込んで廊下に置いた。


朝、出勤前の身支度をする旦那の後をレノンはいつもくっついて歩く。
トイレにも同行する。歯磨きする足もとでズボンを引っ張る。
だが、今朝は夫にはり付かない。

「あれ? どこ行ったのかな」と思ったら廊下で「ブチ」とか「シャクシャク」と小さな音がする。

そこには無心で白菜を喰らうレノンの姿が・・・。

夢中で食べてて、呼んでも来ない。
あんたは青虫かいっ!(--;)

キュウリ、トマト、レタスに続いて白菜も好きになったらしい。
これからの時期はアスパラガスが旬を迎える。ここはアスパラの産地で美味、きっとレノンも好きだろう。
我が家は畑を作っていないので、親戚や近所の方々がいろいろ野菜類を差し入れしてくださいます。
そうしてレノンはベジタリワンコになっていくのでありました(笑)
[PR]

by berry_n | 2004-04-23 10:36 | Trackback | Comments(6)

付き人疑惑

a0009750_10346.jpg
この辺は、みんなが名字ではなく名前で呼び合う。
女性なら「○○姉」、男性なら「○○あんにゃ」という感じ。
しかも、名前も短縮された愛称だったりするから、ここに来て3年経っても正しい名前を知らない人が多数。覚えられない~。(^_^;
私は「よそから来た嫁」で身長も高く、変な黒い犬を連れて歩いているのでみんなに知られている。なので、本人の意思に反して目立つらしく、よく声をかけられる。
婆ちゃんたちに「寄ってかっせ~」「お茶飲んでいかっせ」と誘われるのだ。
笑顔で受け答えしながらも、頭の中で「この人は誰なの~???」と疑問符が浮かびまくり。
そして、誰かわからないまま家におじゃましていろいろご馳走になっちゃったりしている。当然レノンも一緒だ。

今日おじゃました家では美味しそうなキュウリとトマト(レノンの好物)が盛りつけられたお皿がレノンの前に「ほれ、食わっせ」と置かれた。
レノ君、嬉し涙を浮かべながらペロリと完食。

小型犬が少ないこともあり、レノンは地域の皆様に可愛がられている。
ちっちゃくて、ちょこまかしてるので面白いのだろう。
自分の飼い犬が外飼いなのにもかかわらず、レノンを部屋に招き入れてくれる(外犬さん、庭で不満そうに吠えてますがな…)

この地に来てからずっと家に籠もっていた私だったが、レノンを迎えたことにより少しずつ地域と繋がりを持つことが出来るようになった。ありがたいことである。

でも、最近は私がレノンのオマケっぽかったりして(爆)
レノンの付き人って感じですか(^◇^;)
それでもレノンを見て和んでくれる人がいるならそれでいいよね。

色々くれたがる人が多いので、おデブにならないように気をつけなくちゃね>レノン
[PR]

by berry_n | 2004-04-23 10:35 | Trackback | Comments(0)

春、それは生き物が目覚める季節

a0009750_162037.jpg

田畑の雪もすっかり消え、桜が咲き始めた。
雪で塞がれていた林道も開通し、散歩コースが増えた。

今日は、少し山の方へ足をのばすことにした。
ペンションや別荘地帯を過ぎ、さらに進むと人も車も来ない。
勢いよく流れる雪解け水の音と、小鳥のさえずりを聴きながら歩く。
レノンもお気に入りの枝をくわえて嬉しそうだ。
フキノトウを収穫しながら、田舎暮らしも悪くないかなと気分良くお散歩。

帰り道、道ばたに棒が落ちていた。
でも、何だか艶がいいな~と思ったら

    口をカパッとあけた蛇さん

危うく踏んじゃうところだったよ。
レノンが気づかなくて良かった・・・。
こんな物をくわえられたらかなり嫌だな。
これからの季節は足もとに注意だな。


   ☆レノ君の「今日の怪しい奴」☆
レノンは見慣れないものに出会うと、体を低くして「ヴォ、ヴォ!」と吠えます。
本日の「これは怪しい!」  
  畑の横にあった一輪車
  風でバタつくハウスのビニール
  我が家の庭の福寿草(それは怪しくないだろうがっ!)
  2階にいた夫の足音(父ちゃんは怪しいのか?>レノン)
[PR]

by berry_n | 2004-04-21 16:21 | Trackback | Comments(0)

遊びたいの?

a0009750_172043.jpg
マタタビおばさんの家では「ヒゲ」という名の猫を飼っている。
レノンと散歩をしていると、ときどき見かける。
ヒゲは、おばさんの後をニャ~ニャ~鳴きながらついて歩いているのだ。

おばさんと挨拶してたらヒゲ登場。
レノン君、ワンワンワンワン興奮気味。(--;)
ヒゲが物陰に隠れると、レノンの鳴き声が「ワンワン・・・・アウ、アオ~~ン、キュイ~ン」と変化していった。
これって、後追い鳴き? レノ君、もしかして猫と遊びたいわけ?
バウリンガル、ちょっと試してみたいなって思った瞬間でした。


マタタビおばさん、「キヤノン」で定着しているような(笑)
訂正すべきだろうか・・・。
気弱な私は、連呼するおばさんの勢いにいつも流されてしまうのでありました。
[PR]

by berry_n | 2004-04-19 17:21 | Trackback | Comments(0)

日本家屋と狸

a0009750_171622.jpg
仔犬を迎えるにあたり、心配だったこと。
それは、嫁に来たこの家が築年数を経た『日本の家』であることだった。

全室「畳敷きの部屋」、当然「襖&障子戸」で仕切られている。
掘ってくださいと言わんばかりの「砂壁」もある(笑)
さぁ、どうだ! これで仔犬が来て無事で済むわけがなかろう!

・・・と、覚悟をして仔犬さんを迎えに行きました。
覚悟していた割には、全く何の防護策もせずレノンとの生活をスタートさせちゃいました。
まぁ、多少の破壊はしょうがないさ。
住むのに支障が無きゃいいよね、という大雑把な感覚でありました。

さて、現在レノンと暮らし始めて6ヶ月。
被害状況はというと
 畳・・・ンコ、シッコの被害ほとんど無し。
     古い畳だったので毛羽だったぐらい。
 襖・・・ガリガリ無し。ほぼ無傷。
 障子・・遊んでいて私がボールであけた穴が2ヵ所
     (外で遊べよ>自分)
 壁・・・いたずらせず。

あれ? 変だな、なんだかすごく良い子みたいじゃないの。
落ち着き無く走りまわり、いつも何かをカジカジしてるけど「家」に対する被害ってほとんど無かったことに、今頃気がつきました。

レノンに与えた玩具以外で、攻撃の対象にされた物は「座布団のふさ」「服の紐」「ダンボール箱」「植物」ぐらいかな?
う~ん、なんて少額な被害なんだろう。
飼い主の経済状況をわかっているのか?(笑)
[PR]

by berry_n | 2004-04-19 17:17 | Trackback | Comments(4)
line

愛犬レノンと日々の出来事


by berry_n
line
カレンダー