何の音?

昨日の夜のんびりテレビを見ながらコタツでお茶を飲んでいたら、私の膝に体をくっつけて寝ていたレノンが突然起きて不安そうな様子を見せ始めた。
ビクビクしながら辺りをキョロキョロしている。

一緒に動揺してはレノンが更に不安になってしまうから、こんな時こそ飼い主は平常心を保つべし。ゆっくりあくび(犬語で「ちょっと落ち着け~」の意)をしてカーミングシグナルをおくってみる。
更に何にも怖いことなんてないんだよ~、という余裕の笑顔でおやつをすすめてみる。オドオドした状態だが、かろうじて口にすることができた。
食べるならまだ大丈夫、このまま食べさせてるうちに落ち着くだろうと思っていた。

が、挙動不審は激しさを増し何も食べなくなってしまった。
瞳孔は開き、筋肉ガチガチ、心拍数上がりっぱなし、立ち上がってガラス戸をガリガリ、部屋の隅に潜り込む、私が抱っこをしても逃れようと暴れる。
こうなってしまうと、意識をこちらに引き戻すのは容易ではない。

先代のシェルティは音響シャイで、雷の音で同じような状態になった。
頭の中は「怖い・逃げたい」だけで飼い主すら目に入らない。
天気が良いからと庭に放しておいたら突然の落雷(まさに青天の霹靂)、恐怖でパニックになり垣根を破壊して脱走したこともあった。


怯える愛犬に私が出来ることは、不安の対象物から遠ざけることと怪我をしないよう見守ることぐらいだ。
レノンが何から「怖い、逃げたい」と感じているのか、その対象を探す。
たぶん何かの音が引き金になってると思うんだけど…。
旦那は「風の音がものすごく強いからそのせいじゃないかな」と家中の雨戸をしめに行ってくれた。
私は何か違うような気がして、部屋のテレビを消し耳を澄ましてみた。
すると「コツ・・・コ・・・・カツン」と不規則に小さな音がするのに気づく。

たぶん、きっと、いや絶対これだ!

音の正体は『蛍光灯のカバーにぶつかるミニサイズのカメムシ』
以前も昼寝をしていた近くをカメムシが飛んでいっただけでものすごい怯え方をしたし、レノンは虫の羽音に対して過敏なところがあるのでたぶん間違いないと思われる。

カメムシさんには掃除機の中に消えてもらった。
レノンはコタツの中に逃げ込んだままだが、ガリガリ掘る音も荒い息づかいも聞こえなくなったので少しは落ち着いてきたかな?
コタツカバーを少しめくってフードを差し出してみたが、まだ食べられるほどには回復してなかったようだ。しばらくそっとしておくことにする。

レノンの入ったコタツを挟んで、出てくるのを待ちながら二人で自力整体なんぞをやってみる。ときどき体をほぐすためDVDを見ながら夫婦でやってたのだが、その音を聞くとレノンはいつも眠るのでリラックス効果があるかもと思ったのだ。

自力整体で気の流れが良くなり手足が温かくなったところで、コタツの中をのぞいてみた。
表情は落ち着いてます。
チーズをあげたら指ごとパクッ。
復活確定(笑)


それにしても、面倒くさい奴じゃのぅ。
田舎の犬のくせに虫を怖がってたら生きてゆけないではないか。
カメムシの進入なんて古い日本家屋では防ぎようが無いのだぞ。
カメムシの当たり年で、大量発生でもしたらレノちん発狂するかもな(-_-)



ふと、子供の頃に遊んだ童歌を思い出していた。
「あ~ぶくたった~、煮え立った~♪」ってやつだ。
鬼が「とんとん」ってやるとみんなで「何の音~?」って聞くのだ。
鬼は「○○の音」と○○にいろんな言葉を入れてフェイントをかけ、そのたびみんな「あ~よかった」とこたえる。
んで、鬼が「お化けの音」って言ったときにみんなで逃げるのだ。

でも、レノちんだったら…


    とんとん 何の音?

      カメムシの音

    きゃーーーーーー! って一人だけ逃げるんだろうな


乙女のような繊細な愛犬を持ってしまった飼い主にとって、虫が活発になるこれからの時期は悩み多き季節である。
[PR]

by berry_n | 2009-04-22 10:52 | レノン | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://lennon.exblog.jp/tb/8202253
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by taka at 2009-04-22 21:23 x
 先日もそうでしたけど、レノちんは音に対してとっても敏感なんですね〜。
ロッキー君はかなり鈍感ですが、食い意地が張っているせいか、ビニール、紙袋系の“がさがさ!ごそごそ!”っていう音にはかなり敏感に反応します!(失笑?) 

桜前線も到着しましたね。七分咲きとはいえ 見事な咲きっぷりです!!
近くに名所、旧跡が沢山有り羨ましい限りです〜!
Commented by berry_n at 2009-04-22 22:47
>takaさん
 食い意地張ってるのはロッキー君だけじゃないですよ~。オフ会でおやつを手にしようものなら瞬時に「全員集合」でございます(笑)

レノンがいろんな音を怖がるようになったのは4歳ぐらいからなんです。それまではちょっと驚くくらいでこんなふうに怯えることは無かったんですけどねぇ。どこで対応を間違えたのか、犬心は難しいです。

桜は標高の違いで咲き具合が全く違うので、会津だけでも長く楽しめます。レノちんの散歩コースの桜はこれから咲くので4月いっぱい桜色(^-^)
Commented by Tanuko at 2009-04-22 23:12 x
 いやはや、やっぱりメンドクサイ犬ですね>スキッパーキー

 さつきにとって鬼門は、雷、花火、アジ会場の放送etc. 前者二つには、為す術なし。飼い主の声はおろか、おやつも目に入りません! 一番やっかいなのは最後で、この対策に頭を悩ませております。
 でも、都会(?)育ちのさつきでさえ、カメムシは退治の対象ですよ(悶絶してたけど)。テレビの音をかき分けてかすかなカメムシの音を聞きつけるとは、レノン君、なんて繊細なんでしょう。
Commented by berry_n at 2009-04-23 09:13
>Tanukoさん
 蛇がニョロニョロ出てきてもあまり気にしないのに、なんでカメムシごときをこんなに怖がるのか。。。 さつきちゃんの爪の垢をわけてもらいものです。

でもまぁ、人間でも一度「怖い」と感じてしまうとその対象物にものすごく意識が敏感になるからわかるような気もするんですけどね。私だって寝てる枕元をゴキブリが通ったら気配で起きるし「奴がこの部屋のどこかにいる」と思ったらドキドキして眠れなくなるもん。
レノンの目の前でカメムシを退治して「もういなくなったから大丈夫だよ」ってやったら安心してくれるかしら。。。

さつきちゃん、アジ会場の放送に魂が抜けかけてもなんとか自分を取り戻してゴール出来るようになってきたじゃないですか。
ちょっと面倒くさい愛犬でも、きっと彼らなりに頑張ってるんだろうなって思ってます。
line

愛犬レノンと日々の出来事


by berry_n
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30