オープニングイベントに行ってきました~

a0009750_21452269.jpg

オープニングイベントの日帰り入場料『無料』に誘われたレノン家、レジーナの森の偵察に行ってきました。


a0009750_21464054.jpg

受付で利用同意書に署名して、小さなバッグを受け取ります。
入ってるのは「ぽい太君2枚、木酢液のボトル」で、チッコをしたところにかけて下さいとのことでした(バッグは帰りに出口で返却)


a0009750_21472213.jpg

わんちゃん施設の利用時間は10時からなのですが、早く着きすぎてしまったのでポテポテ敷地を散歩。
ドッグスポーツコースの近くを通ったら「走ってみませんか~」とスタッフの方に声をかけられた。イヌリンピックの「タイムレース50」があり、1番最初にチャレンジすることになったレノちん。
スタート地点は旦那に任せ、私はゴール地点で呼ぶ形にした。
「来い!」
おおっ、レノンと一緒に旦那も走ってる。。。
(旦那:一緒に後ろから走った方がターボがかかると思った)
タイムは6.94秒でございました。
ん~、全力とは言い難いスピードですが初めてならこんなものでしょうかね。


お次は湖畔のドッグウォーク。
何も考えずに「ノーリードのお散歩コースかぁ」と柵の中に入ってリードを外した途端…バビューーーーーンと走り去って小さくなったレノさん(タイムレースの時より速いじゃん・笑)
入り口付近に立っていたインストラクターさんに「座れ・待ては出来ますか? ちょっと練習してみましょうか」と言われてしまった(爆)
胸をはって「いつでもどこでも完璧だぜっ!」とは言い難く答えに詰まる私、レノさんを呼び戻してスタッフの指示に従う。
よく見たらこの200メートルのコース、リードを外して愛犬とコミュニケーション(コントロール体験)を行う場所だったらしくフェンスの所々にチャレンジメニューが掲示されておりました。
普段のしつけをいつもと違う場所で再確認するための所だったのね。
5,10,15メートル、表示の場所まで離れレノンを待たせては戻る。
最初にぶっ飛んで行く姿を見たせいか、待てが出来たことを「すごいじゃないですかっ!」とべた褒めされた。
笑われるより褒められる方がすんごく恥ずかしいかも。。。

a0009750_21564781.jpg

褒められた直後、レノさんは逆走してきたわんちゃんと一緒に再びヒャッホーと走り去って行きました。あぁ、レノさんったら楽しそうだねぇと見送るダメ飼い主→(^^;


a0009750_21485595.jpg

a0009750_21491847.jpg

ドッグウォークを抜け、更に進むと湿地園が広がっていた。
水芭蕉なんかも咲いていたが、植物を観察していたらレノンが木道から足を踏み外して落ちた(落ち着きのない子や水が大好きな子はご注意くださいませ)

さて、それでは「日本最大級!」と書かれていた森のドッグランへ行ってみましょう。
湿地園を抜けて…あれ、舗装道路に出ちゃったよ、このまま進めばいいのか?
てくてくてくてく歩いて行くと、ありましたよドッグランが。
a0009750_21495952.jpg

a0009750_21502375.jpg

「・・・・・。」
広いです。
広いけど…豆狸1匹ではあまりに寒い光景です。
戻るには距離があるしなぁ、せっかく来たんだから「レノちんよ、とりあえず走ってこ~い」と放牧。
ここに来るまでかなり走ったはずなのに、独りでも走るレノさん。
めでたい男だのぅ。
ぼんやり見つめていたら、くるりと背中を丸めたレノさん。

おいっ! なんでそんなに遠くでンコするんだよぉぉ!

落下地点を見失わないよう、視線を外さずに走る。
昨日の雨で水をたっぷりふくんだウッドチップは踏むとフニフニした感触で沈みます。
これは、いい運動になるな。。。

a0009750_21505735.jpg

広すぎるドッグランを出て、その外周をグル~っと囲んでいるノーリードお散歩コースを歩きました。

ぼちぼちお昼になるから戻ろうかと思った頃、2家族ほどドッグランに来ました。
オープニングイベントだから混雑するかなと思ったのだけど、予想外に空いてますよねぇと話しかけたら「湖畔のドッグランの近くでフリスビードッグショーをやってるから、みんなそっちにいましたよ」という返事。
あっち側が賑わってたのか…。
ここって一番離れた場所じゃん。
人がいないわけだよな(-_-)

来た道をテクテク戻り、途中の湿地園の東屋で持参したお弁当を食べる。
と、黒い犬を連れた人を発見。

あれは絶対シッパだ!

誰だろう?
名前を知ってる子かな?
全く知らない人だったらどうしようと思う気持ちもありましたが、数少ないシッパ飼い同士だし挨拶して嫌な顔をされることは無いだろうとレノンを連れて、シッパを連れた男性の所へ向かった。

(つづく)
[PR]

by berry_n | 2009-04-18 22:06 | レノン | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://lennon.exblog.jp/tb/8189741
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ruumeague at 2009-04-19 19:05
えぇとこで終わったあぁ〜〜
誰だろう。。。M君?K君?だったら遠くからでも分かる気がする。。
おしっこのお水を渡したり、しつけをやってみるブースがあったりと、
飼い主のモラルの向上や、犬との楽しみ方を再確認するために、いい取り組みですね。
タイムレース、コントロール体験,どちらもやってみたいです。
でも広いドッグランは。。飼い主の方がくたくたになりますよね。
特にうちみたいに呼び戻し大変な犬は(汗)
Commented by berry_n at 2009-04-19 21:28
>るーさん
 ふふふ、楽しんでくれてありがとう。
M君でもK君でも無いよ~ん。

広いドッグランは、離れた場所でマーキングしまくる犬だとシッコ消しにヘトヘトになるかも。
ここのランは動物王国のフェンスと違って編み目が小さいから、ミーグちゃんでも脱走不可能で安心ですよ~。
line

愛犬レノンと日々の出来事


by berry_n
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31