北海の珍味とフキン売り

「さてと、お昼ごはんにしよ~かな♪」と思って立ち上がったら、レノンがけたたましく吠えている。
「何か来たのか?」と玄関の方へ行くと、真面目で虚弱な雰囲気の若い男性が立っていた。

田舎は基本的に玄関の鍵をかけないし、インターホンのある家は少ない。なので訪問者は玄関の中へ入って家人に声をかけるという形になる。
その若者もすでに玄関の中にいたし目が合ってしまったので、対応せずには引き取ってもらうことはできない。

見た瞬間「あっ、これはヤバイかも…歌う珍味売りと同じ匂いがするぅぅ」と感じた。
歌う珍味売りとは、独身時代に実家にやって来た某宗教団体の訪問販売なのだがこの手の人達はそう簡単に帰ってくれないのだ。「いらない」「けっこうです」と言っても、「このままでは帰れないんです」と若いお姉ちゃんは悲しそうに訴え「歌を歌いますのできいてください」と言い出した。いいですからと断っても「きまりですから」と歌ってくれちゃったのでした(後に調べたところ、踊り付きのバージョンもあるらしい) 若くて可愛い女性だったので、オヤジ連中なら「かわいそうに…」と高級珍味を買ってしまったことだろう。

今回の兄ちゃんは野の花会の名札を付けており、自分はボランティアで障害者が袋詰めした「夢のフキン クリーンネス」を販売に歩いてると言う。
見た目は100均にありそうな化学ぞうきんの3枚組なので、普通の感覚なら原価+寄付で500~1000円程度を予測するだろうが、なんとビックリ「特価 2000円」の高級フキンなのだ(笑)
「そのタイプのは使わないんです。いらないのでけっこうです」とお断りすると、別な物を出してきて「買っていただくと施設のみんなの励みになりますから」とか「子供たちが喜ぶのでお願いします」と、善意を持ち合わせてる人なら買わないことに負い目を感じるような言葉を続ける。
でも、適正に利用されるかわからないような寄付に2000円も出す余裕などないのだ。「寄付は自分で確かめて信用できるところへしてますので、訪問販売は全てお断りしてるんです。どんなに素晴らしい商品かを延々説明されても、いりませんから」と拒否すると、少し粘ったものの無理だと思ったらしく寂しい笑顔を浮かべて静かに帰って行きました。

青年が帰った後、ネットで調べたらやっぱり珍味売りと同じ宗教団体でした。
彼らは自分たちの団体を信じ切って、集めたお金がどのようにつかわれていくかも知らずに活動してるんだろうなと思うと少し哀れな気がしました。
[PR]

by berry_n | 2007-09-05 14:34 | その他 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://lennon.exblog.jp/tb/6118447
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by りえる* at 2007-09-05 22:52 x
んま~、そんな人がうろついてるんですね、気をつけなくちゃ。

歌って踊る珍味売り。。。見てみたいような気が(≧艸≦)
でもなんか可哀想になって買っちゃうような...いけませんね、相手の思うつぼかも。

話はちょっと違いますが、
先日お豆腐の訪問販売がやって来て
5枚で1000円という油揚げを買ってしまいました。
(なんでも二本松の豆腐屋が作っているものだとかで)
大きな揚げだったんだけど...よ~く考えたらべらぼうに高かった(ーー;)
今度来たら絶対買わないぞ!
Commented by ヒペリカム at 2007-09-06 00:18 x
私も珍味売りに遭遇したことがあります!!
今となっては大昔、まだかよわき乙女の心情を持ち合わせてた頃でした。
職場で一人お留守番、たった一つの入り口に立ちふさがり、
3000円(だったと思います)の珍味をお薦めされました。
乙女は勇気を振り絞ってお断りしたのでした。
負い目をかぶせるようなコトバは卑怯ですよね。
Commented by サビ at 2007-09-06 01:22 x
珍味売りも布巾も売りも遭遇したことないです
でも、盲導犬の為に募金を、と布袋を送って来たことがあります。
本当に盲導犬のためになるなら、そんな布袋なんていらないのに...
募金したお金がどこにいくか、ちゃんと見定めなければ、無駄金になってしまいますよね。
レノン君の猛撃も虚弱な青年には効き目があったでしょうね!
Commented by berry_n at 2007-09-06 10:27
>りえるさん
 こっちには一昨日来たんですけど、そっちには行かなかったのかな?
豆腐屋の訪問販売ですか、家にはきたことないぞ(来て欲しくないけど) 1枚200円の高級お揚げなんて、もったいなくて何に料理したらいいかわからないですぅ(笑)

宗教団体の訪問販売員は大学生が修行としてまわってくることが多いですが、小さな子供連れでやってくる場合もあるようです。涙目の子供にお願いされたら断わりにくいよね。
>ヒペリカムさん
 宗教がらみの販売員って、悪徳商法の強引なセールスマンとは違う独特の雰囲気があって「騙されないぞ! 帰ってもらうために戦うのだ!」と強い意志でぶつかりにくいんですよねぇ…。買っても買わなくても気持がドヨヨヨ~ンとブルーになっちゃいます。
ヒペリカムさんも珍味売りに遭遇したのですね。独りで留守番中とは大変でしたね(笑)歌ってくれませんでしたか? ウチの場合は歌ったあと、会社に報告の連絡を入れなければいけないので電話を貸してくださいってお願いされました。
Commented by berry_n at 2007-09-06 10:28
>サビさん
 うちに来た青年は「東京から来ました」って言ったので「だったらわざわざこんな田舎まで遠征しないで地元で売ってくれ」と内心思った私です。でも都会だと玄関には鍵がかかってるし、インターホン越しに断られて終わりだからなのでしょうね。
玄関のガードが堅い都会だと「ネガティブ・オプション(送りつけ商法)」を使われるのですか。盲導犬のための寄付って書かれていたら、送金しちゃう犬好きも多いと思います。
仮に正しい目的にお金が使用されるとしても、要求されての寄付では良いことをしたなって気持ちが全然湧いてこないし、絶対やめて欲しいですよね!
Commented by Tanuko at 2007-09-06 21:57 x
 (^^)//""""""よくぞ撃退なさいました。子供とか障害者をダシにして善意を強要する連中には、本当に腹が立ちます。幸い、私は、一度もそういう連中に出会ったことがありません。昼間家にいないのだから、当然か。万一来られたら、星さんの経験を教訓にしなくちゃ。
 歌う珍味売りは聞いたこともありませんでしたが、駅前で突然知らない若者に「アナタの幸福を祈らせて下さい」と声をかけられたことがあります。「いりません!」と、ソッコーで逃げました。キモチワル。
Commented by berry_n at 2007-09-07 09:45
>Tanukoさん
 一度も訪問されたことが無いとはラッキーな。「歌う珍味売り」きいたことありませんでしたか? 数年前にけっこう話題になった「合同結婚式」のあの団体がやってた資金集めなんですけど。いままで訪問が無くても油断は出来ませんよ~、あそこは時間おかまいなしで休日の朝6時とか夜10時でもやって来ますぜ(-.-)
私はTanukoさんと違い、道を歩けばキャッチセールスや宗教な人が寄ってくるんです。顔に「カモ」って書いてあるんでしょうか(^^;
学生時代は通学途中に饒舌な外国人につかまり「友達を紹介したい」と連れて行かれた先は教会で、危うく洗礼まで受けさせられるところでした。
Commented by やっちぶう at 2007-09-08 09:07 x
え?歌って踊っちゃうんですか?見てる方が照れちゃいそうですね。売ってるものが珍味って...宴会みたいなノリ?
大学生の頃、駅前で募金活動していた子供に追っかけられて怖かったので(相手は子供なのに。笑)「じゃ、少しだけど」って500円渡したら「多い方が良いんですけど」って言われてムカ〜ッとしたのを覚えてます。気持ちの問題じゃないのか〜っ!!!
Commented by berry_n at 2007-09-08 22:28
>やっちぶうさん
 珍味売りはですねぇ、なんというかあんまり明るく楽しいノリじゃないんですよ。地味で真面目そうなお姉ちゃんから「売らないとかえれないんですぅ」みたいな悲壮感が漂ってて、追い返す自分が悪人のように思えちゃいそうです(-.-)
募金で500円出したらもっと多い方がいいですと? 私だったら「じゃ、少しだけど」って言ったら100円なんですけど~。
私も一緒に叫ばせていただきます「気持の問題じゃないのか~っ!」
line

愛犬レノンと日々の出来事


by berry_n
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30