感情の匂い

休日に1週間分の食材をまとめ買いするため、新聞の折り込みチラシで特売品のチェックしていたら薄いタウン誌が入っていたので何気なく見ていた。
そこに「怒りの感情」について書かれた短い文章がありました。
それによると、怒っている人は毒の濁微粒子を放出しているらしいです。
エルマゲイツという人の実験では怒っている人の吐息を溜めて蒸留すると褐色の液体になり、それは人に注入すると死んでしまう猛毒だというのです(マジですかい? それは呪いとか呪術の世界のことでは…)
なので、いらいらした感情を抱えながらボランティア活動をしても自分や回りを傷つけ汚すことになるのでエコロジカルな活動は笑顔と感謝で行いましょうという内容でした。

人が怒りで毒を出す…う~む、それは側にいる小さな犬にも大きなダメージありそうな(^^;
怒りの感情が微粒子になって放出されるなら、それには匂いもあるのだろうか。
飼い主が苛立ってると犬が耳をペッタンコに倒して目を逸らしたり、なだめるような行動をとるのは隠してもにじみ出る怒りの匂いを嗅ぎ取るからかもしれない。
緊張や不安といった感情の揺れも筒抜けだし、犬に嘘はつけないってことですな。
[PR]

by berry_n | 2006-10-10 12:33 | レノン | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://lennon.exblog.jp/tb/4471893
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kimi at 2006-10-10 16:05 x
癌になる確立が一番高い職業は、医者なのだそうです。
普段、一番癌に接していて、意識の中にあるからだそうです。
これは意識(思い込み)の話ですが、感情の微粒子と原理が少し似ている気がしました。
我が家でも、ルナはおかまいなしですが、ハルには私の感情がよく伝わっているようで、気をつけなければと、日々思っております。
Commented by Tanuko at 2006-10-10 19:39 x
 エルマゲイツの実験とやらは眉唾と思われますが、野生動物は(多分野狸に近いスキッパにも)、相手の恐怖の感情を嗅ぎ取ることができるんだそうです。血液中のアドレナリンが増えるのを感知するとか。その点、うちのさつきは無神経だな〜。飼い主が悲しんでいると慰めてくれる(ような振りをする)になって欲しいのだが。
 医者に癌が多いのは、納得できる気がします。だって、不幸な人や苦しんでいる人ばかりを相手にして、毎日毎日負の気を浴びてるんだもの。
Commented by sonoratte at 2006-10-11 11:39
私は、犬には人のオーラが見えるのかと思っていました。
でも見えないところにいても、怒っているかわかるのが不思議だったのですが、怒りの濁微粒子のにおいがわかるのなら、納得。
ノッテは、普段からくんくん鍛えてますからねー。

「鼻のおやつを乗せ」が修行中の身で申し訳ないのですが、「こんにちは」の技、うちもマスターしてみたいです。
(ノッテがしてかわいいかどうかは疑問ですが . . . 。)
よければ方法をご指導くださいませ~。
Commented by berry_n at 2006-10-11 13:44
>kimiさん
 医者が一番癌になりやすいのですか、意識が体に与える影響って大きいんですねぇ。健康のために前向きで明るいイメージを持って生活していきたいものです。
ハル君に感情がよく伝わるということは、それだけkimiさんに意識を向けているのでしょう。気持が苛立つときは、落ち着くまで換気扇の前で深呼吸よっ(笑)

>Tanukoさん
 さつきちゃん、すぐに元気になって良かったですね(^^)
さつきちゃんは、競技会の後Tanukoさんが悩んだり落ち込んだりするようすに体が反応したってことはないですかね。飼い主が病気で寝込むと犬も一緒に寝込んだりするのってよく聞きますし…さつきちゃん、Tanukoさんが思うより繊細に感知してるのかも。
 犬が恐怖の感情を嗅ぎ取ることに優れているというのは、私も感じています。
なので私は気性の読めない犬には近寄れません。不安を隠して触れたりしたらお互いに緊張状態になりますもん。私、けっこう臆病なんです~(^^;
Commented by berry_n at 2006-10-11 13:44
>ソノラさん
 匂いの世界に生きている犬には鮮明に感じ取れちゃうのかもしませんね。風上に避難してたりして(笑)
「こんにちは」は立った姿勢からクリッカーを使い教えてみました。肩が後ろにさがるように胸元から足の間へ向かってフードを下げて誘導していくと上体がこんにちはの形になりますです。それだけだとお尻もぺたんと下がってしまうので、最初はお腹にリードを回して左手で軽く保持しながら右手で誘導するといいかもです。徐々に補助や誘導を無くして出来上がり~♪ ぜひぜひスカート姿で「こんにちは」するノッテちゃんを見せて下さいっ! 絶対可愛いと思うなぁ(*^-^*)
『ドッグトリック』という本に、クリッカーを使って教える可愛い芸がたくさんのっていて、その本に写真が使われてるシェルティはとてもシャイな性格だったけどトリックをいろいろマスターするうちに自信を持って行動できるように変わっていったとありました。ソノラさんも楽しいゲームの感覚でノッテちゃんと新しいトリックにチャレンジしてくださいませ。ノッちゃんオリジナルの新しいトリックなんかも期待してま~す。 
Commented by なおみです☆ at 2006-10-15 03:14 x
うわ~それわかる気がします!実家の犬(アメリカンコッカ)も敏感でしたよ!毎日一緒にいるからわかるのかも。そして犬の嗅覚はすばらしいから!!子供も一緒ですね。私がイライラしているとわかるのか余計、いたずらするし、暴れる。そしてもっと怒らせる。悪循環です。いつも笑っていたいな、と思っています。
話は変わりますが、来月、帰省します。家族三人で!!お会いできたらうれしいです!
Commented by berry_n at 2006-10-16 11:46
>なおみさん
 子供も人の感情に敏感ですよね~。私は子供を産んでいないので、ちっちゃい子供の扱いにときどき戸惑うこともあるんですが、可愛がってるふりなんかするとバレますよね(^^;
来月帰省しますか、そうですか、それはまたいろいろ気苦労もありそうですな。
都合が合えばまた河原で遊びますか? おでん作りますぜ。
でも11月だと雪が降るかも・・・。
line

愛犬レノンと日々の出来事


by berry_n
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31