黄昏のラッパ犬

1週間ほど前の夜、しきりにレノンが後ろ足を舐めていた。夜中も明け方もペチョペチョなめている。パッドをケガしてないかチェックしても傷は無いのだけど、散歩中に何かあったのだろうか…。
足が気になるからなのか元気が無い。
レノンの動きや反応が普通の犬並みに見えるってことは「かなり具合が悪い」状態だ。

仔犬の頃、すごい高熱を出してたのにご飯を完食し「えっ? 普通は食べられるような状態じゃないんだけど…」と獣医師を驚かせたレノちんである。
「あれ? ちょっとおとなしいかな?」は要注意なのだ。
その食欲の権化のようなレノちんが、食後のきゅうりを「いらない」と言ったのだ。どんなに不調のときでも出された物を拒否したことは無かったのに…、もうこれは絶対変だ。
いつもはおやつちょうだいダンスを踊る奴が、暗い静かな場所を探してひたすら眠っている。不安がどんどん広がり頭の中はネガティブなイメージでいっぱいになっていく。
暗い想像は暴走を始め、何かの細菌に感染してて突然容態が急変し痙攣でも起こすのではと不安でたまらなくなった。

翌朝、旦那が会社を半日休んでくれて動物病院へ向う。
診察の結果、「足に外傷は無い、原因はわからないが何か気になって足を舐めこわしたのだろう。元気が無いのは足とは関係なく、人が気づかない何か精神的なショックでもあったのでは?」ということでした。
塗り薬を出してもらって、舐めないようエリザベスカラーを着けられる。
着けた直後、診察台の上で暴れて外すレノちん。
「みんな最初は嫌がるもんなんですよねぇ…」と先生が紐を少し絞って結び直すものの、再び暴れてガシガシと外す。おいおいそんなに元気があったのかよ(^^;;;;
外れないよう今度は首輪に紐を通してエリザベスカラーを固定。
とろうとジタバタするレノちんを見ながら「2、3日で慣れますから、とったり付けたりしないでずっとはめたままにしてください」と先生は言う。本当に慣れるのか?(--;)

ビチビチ暴れるラッパ犬を抱いて病院を出た。
車に乗せると、もうこれは外れないのだとあきらめたのか暴れるのをやめた。暴れるどころか、しおしおのしけしけ状態でどよよ~~んと深く沈んでしまった。ラッパが邪魔で移動用のトラベルキャリーには入らないから後部座席でフリーな状態だったのだけど、私に体を押しつけるようにべったりくっつけたまま動かない。
家に着いてもほとんど動かない。私に体をくっつけたままウルウルと涙の溜まった目で見上げて「これを何とかしてください」と訴えている。
レノちんったら、泣くな~。

a0009750_11424753.jpg

時間の経過と共に少しずつ部屋の中を歩くようになったのだが、少しでも何かにラッパが当たるとその場でうつむいたまま動かなくなる。そんなにデリケートな奴だったっけ?
トイレのサークルに連れて行ってかけ声をかけても、下を向いたときにラッパが当たると匂いも嗅げず排泄ができない。外に連れて行ったらできるかなと試してもしない。
ずっと外すなと言われていたが膀胱炎になると困るので、就寝前にラッパを外してトイレへ連れていったらやっぱり我慢していたらしく長々とおしっこ。
寝てる間に足を囓ると困るので、すぐにラッパを再着装して寝室へ。
気持も体も参っているのか、ぐったりした様子で私の手のひらにラッパを乗せ静かに横になっていた。

でも…そんな見てる私が切なくなる様子はその後2日程度でした(-.-)
後ろ足の指の間が腫れていたのですが、舐めないようにして数日薬を塗っていたらだいぶ回復してきました。元気に歩くようになり、走る・跳ぶ・散歩中のクルクルも復活。
来訪者へ番犬ぶりもメガホン効果で音量UP(^^;

元気も出て腫れも引いてきたのですが、舐めて振り出しに戻るといやなので完治までもう少しラッパ犬で我慢してもらうつもりです。

部屋でラッパを上下に揺らしながらトコトコ歩くレノちんを見ていると、なぜか笑えてくる。「何かに似てるんだけどなぁ、なんだろう…」と夫婦で話していた。
あっ、わかった!
赤べこだぁ!!」

首振り黒狸、新しい会津土産の誕生か?(笑)
[PR]

by berry_n | 2006-08-07 11:43 | レノン | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://lennon.exblog.jp/tb/4085259
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by TAMO at 2006-08-07 13:34 x
レノン君、大変だったんですね。
舐めすぎて腫れてしまうことってあるんですね。
原因って何だったんでしょうね??
しかし、シッパの食欲を健康のバローメータにすると極端過ぎて微妙な変化が分かり難いでしょうね~。
今のところ食欲の無い刃を見た事は無いのですが。
何せ喉に引っ掛かって逆流したフードを一瞬で胃に収めなおしてしまうヤツですもん。
っていうか、そんな慌てて食べるな…。誰も盗りゃぁせん…。

ではでは、早く完治しますように。&お大事に。
Commented by サビ at 2006-08-07 17:02 x
精神的ショック?何があったのでしょうか。トラ(猫)は忙しくてかまってやらないと背中を舐めすぎてハゲをつくりました。けどレノン君の場合ストレスではないですよね。何かふんじゃったのかな?
サンゴも「これで元気が無いっていうのはお恥ずかしいのですが、元気ないんです」と獣医さんに言ったことがあります(笑い)「いつも」の様子を知らない方が見たら超元気犬に見えますよね、具合が悪い時でも。
レノちん、良くなって来ているとのこと。どうぞお大事に。
Commented by Tanuko at 2006-08-07 17:28 x
>動きや反応が普通の犬並みに見えるってことは「かなり具合が悪い」状態

 ああ、それ、よくわかります。うちでも、ちょっとおとなしいと、「具合が悪いのか?」と思ってしまいますもん(笑)。
 ストレスで足を舐め続けて腫れるというのは、よく聞きます。レノン君の場合、ストレスのない幸せな暮らしだと思うんだけど。何であれ、早くよくなりますように。
 ラッパをはめられて黄昏れているレノン君を想像すると、どうしても笑いがこみ上げるんです。ごめんね、レノン君。
Commented by ヒペリカム at 2006-08-08 02:01 x
レノン君、大きな怪我とかでなくってよかった。
星さんがどんどんネガティブになっていく心境もよぉくわかります。
精神的ショックって何だったんでしょうね?チャラも昨夏足指を舐め倒して禿げさせましたが、
今もたまに舐めてます。奴のは自慰行為みたいなもののようです。
快方に向かっているようで安心しました。
レノン君、早く元気になったらまた温泉に連れてってもらえるよぉ!
Commented by berry_n at 2006-08-08 10:30
>TAMOさん
 腫れたのは、舐めるだけじゃなくてガジガジ噛んでたからです(-_-;)
指の間の部分が腫れて赤く盛り上がってました。
だいぶよくなってもう安心という感じですが、原因がわからないので困ってます。
食べる量で健康状態ははかれないけど、レノちんの場合は食べ物を前にして目つきが変わらなかったら病気かも。ご飯のときって通常より目がまん丸になりますよね(^^;
きっと刃君もそうだと思うな~(笑)

>サビさん
 「元気が無いんです」と言ったら「近所で工事をしてるとか、普段と何か変わったことはありませんでしたか?」ときかれました。人が思いも寄らない些細なことが精神面に影響してる場合もあるということでした。
地震のゆれも、雷の音も平気だし、自宅の裏の小屋をバリバリ解体したときも腹を出して寝ているような子なんですけどねぇ…。
見た目の動きが普通の犬以上に元気だと、先生があまり深刻に受け止めてくれないような気がしますよね。飼い主が「この子にしてみたら重症なんですっ!」と訴えるしかないのかも。
Commented by berry_n at 2006-08-08 10:31
>Tanukoさん
 いつも元気だから、ちょっと反応が鈍いと不安になっちゃうんですよねぇ。レノンと暮らし始めて何だかどんどん心配症になっていくようです~(^^;
さつきちゃんもラッパをはめたら黄昏れて、べったりくっつくものすごい甘えっ子になるかもよ~(笑)

>ヒペリカムさん
 表面的なケガなら「大丈夫、すぐ治る」って思えるのだけど、ちょっと元気が無いと「どこか臓器に大きなダメージを受けているのでは?」と不安になっちゃうんです。もしも私が赤ちゃんを産んでいたら、泣かれるたびに不安になって育児ノイローゼになってるでしょうね(笑)
レノちんは顔を舐めにラッパ姿で突撃してくれ鬱陶しいほど回復しております(^^;
ご心配おかけしましたが、ヘソ天で爆睡する姿も復活してほぼ平常通りでございます(^-^)
Commented by meili at 2006-08-09 15:57 x
レノンくん、大変だったね。
星さんもお疲れさまです。

エリザベスカラーって、人間がして、かゆいところをかけない状態でしょ?すごいストレスになりそう。。。っていつも思ってしまう。
でも、悪化したり、他の病気になっちゃったら、もっと大変ですもんね。
複雑だなぁ。。。

それにしても、赤べこ?
そっか、そっか!
わたしは実家のわんこがやってるのを見て、宇宙人ならぬ宇宙犬と読んでました^^

レノンくん、早く良くなってね~!!!
Commented at 2006-08-10 00:33
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by berry_n at 2006-08-10 08:36
>meiliさん
 塗り薬が効いたのか、ラッパを付けられたショックが大きかったのか、病院から帰ってから足を気にして舐めようとする様子はありませんでした。
腫れが引いてからはラッパを外して散歩に行き、帰ったらはめています。足を洗って薬を塗ってからラッパを差し出すと自分で頭を入れてくる(はめたら「いいこね~」と褒めちぎりご褒美をあげた)ので、いったん慣れてしまえばそれほどストレスは感じていないような気がします。今後も何かあったときにいろいろ使えて便利かもです(使うことが度々あったら困るけど)
実家のわんこのラッパ姿は宇宙犬でしたか、レノちんと違って細身な感じの子なのかな(笑)
Commented by でりしゃす at 2006-08-11 18:19 x
ご無沙汰しております。(^^)
エリザベスを装着される事自体が、充分にショッキングな出来事だと思うのですがー。
でも慣れたんだ<エリザベス
すごいね、えらいね、レノちん。
Commented at 2006-08-12 10:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by berry_n at 2006-08-12 21:01
>でりしゃすさん
 着けた直後はかなり凹みまくりで「なんで? なんでこんなことするの?」と涙目で訴えてました。でも思ったより早く慣れてくれてよかったです。
このエリザベスカラーは軽くて薄いので何かにぶつかったときに曲がってくれ、衝撃がダイレクトにつたわるハードタイプのカラーよりは慣れやすいのかも。
※今日病院で先生に確認してもらって、めでたくエリザベス生活から解放されました♪
line

愛犬レノンと日々の出来事


by berry_n
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30