第一発見者

夕方の散歩に行こうと外を見ると、この時期にいたってもまだ雪がふってる。しかもかなり激しい(--;)

ぼそぼそと雪が降る中、レノちんと散歩に出かけた。家々の屋根も木々も白くおおわれている。4月とは思えないこの景色はなんなんだよ、若松では桜が満開だというのに。
寒いし、足もとびちゃびちゃだし早めに切り上げて帰ろうと急ぎ足で歩いていた。

ジョンの家に向かっていたら、道の前方ど真ん中に大きくて茶色っぽい何かがあった。
「ん?」
その近くに転がっているのは杖だ。
…ってことは人?
駆け寄って見るとお爺さんだった。
頭部から流れ出した血が濡れたアスファルトに広がっており、動かない。
ジョン家の前だったので、駆け込んで救急車を呼んでもらった。
お爺さんのもとに戻ると、近所の人が集まっていた。

見た瞬間に最悪の事態を連想し心臓がバクバクしていた私と違って、近所の爺婆は全くあわてない。多少の血を見たところでびびったりしないのである。
「あ~、○○さんだよ。また飲んで歩いて転んだんだろ」という反応(^_^;
動かしちゃまずいんじゃ…と焦る私をよそに、抱き起こして郵便局のベンチへ運んでいる。意識はちゃんとあるようで、危険な状態では無かったらしい。怪我も額と唇を切っただけのようだ。出血部位をタオルで押さえてあげながら救急車の到着を待つ。

やがて救急車と一緒にパトカーが3台も到着。私が「大変、事故だよ!」って駆け込んだからかしら。だってそう見えたんだもの。
爺ちゃんは待ってる間にだんだんしっかりしてきて「大丈夫だぁ、家さ帰る」と救急車をこばんでるし(^_^;

第一発見者と言うことで警察に事情聴取されました。その間足元で回るレノちん。警察官に泥足で肉球スタンプも付けたような…。
が、それほど詳しく状況を調べる様子もなかったので「不注意による転倒」という扱いのようです。
歩いてて転んだだけであんな怪我するのかな? 道がカーブしてて見通しが悪い場所だから車と接触して倒れた可能性だってあるのでは? と思ったりしたのですが、警察の皆様は割とあっさり帰って行きました。田舎ではよくあることなのだろうかと思った出来事でした。
[PR]

by berry_n | 2006-04-21 18:44 | その他 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://lennon.exblog.jp/tb/3511190
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by なぐ at 2006-04-22 00:04 x
そうそう、周りは大心配、本人転んだだけ、もしくは寝てたとかはうちの田舎でもあります。大事故に繋がりかねないからやめてよーーって思いますよね。でも、とにかくおじいさん、大事なくて良かったです。
ところで大野も今日雪&アラレでした。イーグの毛抜けはまだ始まらず…。
Commented by やっちぶう at 2006-04-22 05:09 x
読んでてドキドキしちゃいました。お爺さん、無事出よかった〜。でも、酔っぱらってたから次の日起きて「何で頭が痛いんだ!?」なんて忘れてないと良いですね。シアトルで酔っぱらったお爺さんが転んで道で頭を打って血がぶ〜っと吹き出す瞬間を見た事があります。駆けつけた救急隊員にむかって血を流してるお爺さんの方が「how are you?」と聞いてて笑えました。
Commented by berry_n at 2006-04-22 22:47
>なぐさん
 やっぱりそちらでも同じような感じなのですね(^_^;
今回のお爺ちゃんは、過去に何度か同じようなことを繰り返しているようです。独りでいると寂しいから飲んではフラフラ外を歩いてたりするのかな。これからも事故にあわなければいいのだけど…。
イーグ君はまだ抜け毛祭りに突入してないのですね。レノちんはちょっとはやすぎたらしく、明け方になると「寒いから布団にいれてよぉ~」とピヨピヨ鳴いてます。ハウスから出すと、まっしぐらにスポッ!と布団に潜り込んできます(笑)

>やっちぶぅさん
 頭ってちょっと切ってもたくさん血が出るのでびっくりしますよね。
転んだお爺さんは、警察の人に「どうして倒れたの?」と聞かれても「わかんね」と答えてました。後で後遺症なんか出てないといいのだけど。
line

愛犬レノンと日々の出来事


by berry_n
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31