『ザ・カルチャークラッシュ』を読んでみた

書店に並んでいて背表紙だけしか見えない状態だったら、私が手に取ることはなさそうなタイトルです。たとえ平積みされていたとしても「小難しい本に違いない」と敬遠したかも。パラパラっとめくっても、イラストも写真もほとんど無い本だし(^_^;
でも中を読むと犬の学習理論が丁寧にわかりやすく書かれている犬のトレーニングについての本で、とっても面白いのですよ。
書店で見かけることもなかったので、つい数日前まで存在を知らなかったのですが巡回していたブログでこの本を知りアマゾンでワンクリック♪

感想は「読んで良かった。ブログでおすすめしてくれたmidoriさんありがとう!」です。自分の中でもやもやしていたものがスッキリさっぱり整理された感じで、よ~し私もやるぞ~という気分がムクムクと沸いてきました。

レノちんは、いつでもどこでも「確実に出来ます」と言える事が1つもありません。条件が変われば簡単な「座れ」すら怪しい(^-^;;;;
過去に関わったシェパード達では伝わった事が、なぜレノンにはうまく伝わらないのか? ずっと引っかかりを感じたまま、犬種による違いなのだろうかと完成度を高めることを放棄してしまっていたのでした。日常生活でそんなに困ってないし、このままでもじゅうぶん可愛いからいいか~と(^_^;

読み進むうち、自分の中に抱えていたもやもやの正体がわかり、それと同時に『トレーニングすることの楽しさ』を思い出しました(^^)
読んでる途中でやってみたいことや日常生活での改善点が次々浮かんできちゃいます。
いや~、思いこみを捨て冷静に判断すれば物事はとてもシンプルになるものなのね(^_^;
この本に出会ったおかげで「判ってるはずなのに何で出来ないんだよ~」という苛立ちから解放され、自分のすべき行動が見えてきました。
理解出来れば、あとは実践あるのみ!

まずは古靴下を結んで玩具を作り、息が上がるくらい思いっきり激しくレノンと遊んでみました。最近はボールやディスクを投げてやるだけとか、ロープで軽~く引っ張りっこするくらいだったのだが、久しぶりに手抜きせずに全身使って遊んでみました。
すると引っ張りっこという私との遊びが、ご褒美としての価値を一気に高め素晴らしい集中力を見せ、もう笑っちゃうくらい反応が良くなったのでした。
以前に接した犬達はボールクレージーになるまで遊び倒してからトレーニングしてたから食べ物を使わなくてもうまくいってたのかもしれない。
レノンの場合は中途半端な知識のまま、心の奥底で抵抗を感じながら食べ物を使って教えていたので行き詰まっていたのだろう。
今はその変な抵抗感も消えたので、食べ物のご褒美ももっと有効に活かすことができそうです(^-^)

オビはつまらないとか、トレーニングを始めるとドナドナ状態になるという方にぜひ読んで欲しい1冊です。
[PR]

by berry_n | 2006-04-11 18:16 | その他 | Comments(12)
Commented by Tanuko at 2006-04-11 19:11 x
 私も読みました。理論的でありながら、わかりやすく解説してありますよね。星さんなら、訓練士の経験がおありだから、パズルのピースがカチッとはまるように納得できたのでは?
 そうかー、先に遊び倒してからトレーニングするんだったのか。いつも、トレーニングのごほうびにディスクなどで遊んでいました。
 さつきももうすぐ3才。おやつをご褒美に使うのはそろそろやめたいんですけどね。競技会ではおやつが使えないし。もう一度読み直してみることにしよう。
Commented by ayawe at 2006-04-11 21:05
よい本の紹介、ありがとうございます!
柚はオビ練のときにくら~い顔になっちゃって、私までくら~い気持ちになっていたので、さっそく注文しました。
犬も人も楽しくトレーニングできるようになれるといいなぁ。
Commented by サビ at 2006-04-11 21:06 x
パピーパーティをいれると三人のトレーナーさんにお会いしました。
全ての先生が、「とにかくたくさん遊んでやって下さい。」「遊びながら身体を触って下さい」とおっしゃってました。ご褒美に関しては私もサンゴの体質の事を考えて食べ物をあげるのに抵抗があったのですが、3人の先生のうちお一人だけ、「ご褒美は遊ぶこと」「おやつをあげるのはあまり僕は良しとしないんです」っておっしゃってました。サンゴとは毎日ものすご〜〜く遊びますが、これは私にとってのご褒美なんです(⌒o⌒;A
時々、サに「もういいでしょ?」って顔されます(汗)
Commented by るるど at 2006-04-11 22:00 x
シェパはいつでもどこでも確実にコマンドを実行することができますが、フィオは本当に周りの状況によってなかなか難しい。それは私が犬種の違いをつかめていないか、甘いからだと思っておりましたが、この本を読むと違うのでしょうか?・・・ってしらべたら税込み3885円もするじゃないの~。たっか~。星さん、貸して下さいっ。(^_^;
しかし、このもやもやが解消されるのなら、もったいぶらずに買いますか!
Commented by ヒペリカム at 2006-04-12 00:01 x
はい、オビは飼い主ともども嫌いです。
でも、星さんにここまで言わしめるその御本。読んでみたいです。
でも高いんですね~>るるどさん。
トレーニングは、私は基本的に好きなんですが、きっと正しい(?)やり方がわかってないんだと思います。よし、買おう!
Commented by berry_n at 2006-04-12 12:04
>Tanukoさん
やっぱり地道にトレーニングを続けているだけあって、読んでいたのですね(^-^)
何度でも読み返してみると、そのときどきの到達レベルに応じて「そうそう、あれはこういうことだったんだ!」と実感出来ると思います。
ハンドラーとの遊びがスペシャルなご褒美になるくらい、魅力的に玩具やボールを操ったり、犬の体にポンとタッチして追いかけっこに誘うようにダッシュしたり、ハンドラー自身がもっともっと体を動かして楽しむようにしながらトレーニングしてみては? トレーニング自体が楽しいご褒美を得られるゲームになり、反応も良くなりますよ。

>ayaweさん
自分が今教えようとしているのは何なのか、一つ一つの到達目標をはっきり意識していれば犬のほんのわずかな動きに対しても素早く反応することができ、たくさん褒めてあげられるようになると思います。漠然と「ツケ」って歩いてるとドナドナ一直線なので、頭と体を使って楽しんでくださいませ~。

>サビさん
あはは、もうお腹いっぱい状態になるまでサビさんに遊んでもらえるサンゴ君は幸せ者だ~(笑) 私もレノちんと遊ぶのは私にとってのご褒美でもあります♪
Commented by berry_n at 2006-04-12 12:04
>るるどさん
シェパは意識が人に向かって開いてて、シッパは好奇心の塊で果てしなく外に向かっている感じなので、全く同じように褒めても受け止め方が違うような気がします。言葉や愛撫という刺激だけでもご褒美として作用するシェパに対し、褒め言葉はBGMのように流れ去り愛撫もあまり嬉しがらないシッパ。レノちんは確かに私が大好きななずなのに「なぜ届かない?」と愛情の空回りで悶々としておりました(^_^;
お値段に私も「げっ…」と思いましたが、その価値はあると思います。るるどさんも一緒にすっきりしましょ~(笑)

>ヒペリカムさん
アジでは初めての障碍をクリアしたら「できた!」って達成感があってものすごく嬉しいでしょ? だからタイミングを外さず心から褒めてあげられるので犬も人も嬉しくて楽しい。オビも自分がそのときどきで何を求めているのかはっきりした意識をもってトレーニングすれば「できた」小さな瞬間をタイミング良く拾い上げてやることができ、楽しくなるのではないかしら。
お値段のいい本はね、近くの図書館にリクエストして購入させるのですっ! 他の愛犬家のためにもなるから、みんなで地元の図書館にリクエストしましょ~(笑)
Commented by あねご at 2006-04-14 01:21 x
ふむふむ・・φ(.. )メモメモ
いつも散歩以外に家の中でも結構遊んでると思ってたけど
ルフィにとっては全然足りなかったのかなー。
おやつ持ってないとあんまり言う事聞かないし・・・(苦笑)
給料入ったら本買おうっかな~・・・
Commented by berry_n at 2006-04-14 12:03
>あねごさん
 損はないから迷わず買いなさい(笑)
巷にあふれるしつけ本をたくさん読みあさるより、これ1冊を熟読する方が人も犬も幸せになれそうな気がします。
実践して「あぁ、こういうことなのか」という実感をもって理解したとき、犬を見て自分の頭で考えそのつど細かく判断しながらトレーニングを組み立てていく事を面白いと感じるようになると思います(^-^)
Commented by ヒペリカム at 2006-04-17 00:58 x
貧乏ゆえ、未だ本は買えずですが・・・・。
今日のアジ&オビ練で、アジ前は、テンション上げるためにおもちゃとなにより私のテンションを上げて「楽しいぞぉ!!」という雰囲気を作る→集中力UPで大成功。
オビでは、合間合間に、ボール遊びをいれてご褒美のおやつはほとんどなし!で約2時間!!!私もCAPも嫌いだったはずのオビが楽しめたのが一番の収穫でした!
アイフ○で借金して買わねば!!(^_^メ)
Commented by ヒペリカム at 2006-04-17 02:02 x
連投、失礼します。
星さんの記事を拝読して、私なりのチャレンジをブログにUPしました。
こちらのリンクを貼らせていただいたのと、「カルチャー・クラッシュ」の紹介をさせていただいています。
事後報告で申し訳ありません。
不都合でしたらご連絡ください。削除いたします。m(__)m
Commented by berry_n at 2006-04-17 12:19
>ヒペリカムさん
 いつもよりちょっと自分が動いただけでも犬の反応が全然変違ってくるでしょ? CAP君がのってくると、ヒペリカムさんも楽しくてどんどんCAP君の動きに集中しタイミングをつかむのがうまくなっていたのだと思います。たぶん、周りの人や犬の存在なんか消えてしまうぐらいCAP君との世界に入れたのでしょうね。でもシッパで2時間もつって…すごすぎかも(笑)

えっと、リンクはOKですよん。でも↑の文章ではぜんぜん本のなかみについて伝えられていないと思われ…感想がありすぎて文章にまとめられなかったのさ~(^_^; 
だけど愛犬に問題行動があるとか、トレーニング方法についての疑問を感じている人にはぜひ読んで欲しい内容がたくさん盛り込まれたお勧め本なのは確かです。
line

愛犬レノンと日々の出来事


by berry_n
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30