新緑の芦ノ牧を歩く

「ウォーキング・イン・ザ・サンシャイン芦ノ牧」に参加してきました。
700名以上の参加者の中でワンコはレノン1頭しかいなかったので、会場に着いたときから大人気。レノンは子供からお年寄りまでみんなに可愛がられて、うひょうひょ舞い踊り(^_^;
多くの人に犬種をきかれまくっていたのですが、そんな中にシッパをご存じの方が! 登録数も少ない、東北では非常に珍しい犬種であることを知っているこの女性はいったい何者? と思いながら話をしていたら、姪がスキッパーキを飼っているのだとおっしゃる。そして更に続いた言葉は「マリンっていう名前なの」でした~。うはははは、世間は狭いねぇ。前にもレノンと遊んでいたところをマリン母さんの妹さんに偶然目撃されているし、マリン母一族遭遇率高し(笑)

さて、ウォーキングは13.9キロの「見晴らし舟子峠コース」を選択。開会式のときにロングコースの方に並んでいたら周りの人に「こっちは舟子峠コースですよね? ワンちゃんは抱っこして歩くの?」ときかれる。こんな細い足のチビ犬が10キロ以上を歩くとは思えなかったようだ。「飼い主が先にバテちゃうので限界はわかりませんけど、歩きなら20キロでも30キロでも全然平気だと思いますよ」と答えると皆さん驚いておりました。
a0009750_10322750.jpg

新緑の峠道をレノンとテクテク歩いていると、みんな笑顔で声をかけてくれました。見晴らしのいい場所で写真を撮ったりしながら楽しく歩いていたら10キロがとても短く感じられました。鮮やかな若葉のトンネルを歩くコースなので、とても気持ちよくて疲れも少なかった気がします(カンカン照りのアスファルトだったら絶対歩くのやめたくなってたと思う)
レノンは全然疲れ知らずな様子で「後へ」を命じなければ、全行程とっとこ先へ先へとグイグイ私を引っ張って歩いてました。こいつが「歩きたくない」と思う限界点は何キロぐらいなんだろうか…。
a0009750_10353741.jpg

コースのゴール近くの公園がイベント会場になっていて、野外ステージではデカレンジャーショーなんかもやってたので、木陰の芝生に寝そべりながらステージの裏側から眺めたり、普天間かおりコンサートやお楽しみ抽選会もあり楽しめましたです。安上がりで充実した休日でありました(^^)
[PR]

by berry_n | 2005-05-23 10:39 | レノン | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://lennon.exblog.jp/tb/1957688
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 犬子 at 2005-05-23 10:44 x
うわぁ、気持ちよさそうPART2だぁ。
こうしてみると、レノンくんってちっちゃいね。
もしかしたら珠里よりもちっちゃいかも。
10キロ以上も歩いたんだから、この夜はもしかして爆睡?
Commented by berry_n at 2005-05-24 21:13
レノンがちっちゃく見えるのは、連れてる女がでかい(167センチ)せいもあるかもしれませんな(^_^;
レノンが「起きれ~」と顔中ペロペロする中、爆睡してたのは父ちゃんです。レノちん疲れ知らず(笑)
Commented by sunskymarine at 2005-05-24 21:27
>マリン母一族遭遇率高し(笑)
主な生息地が会津なもので(笑)でも広いようで狭いですね、会津って。
私、今まで何十人もの人に「スキッパーキです」って教えてるんですが、覚えてくれる人があまりにも少なくて、最近虚しくなってました。
おば様は覚えてくださったのね。嬉しいです♪
Commented by berry_n at 2005-05-25 13:31
>マリン母さん
私もたくさんの人に「スキッパーキです」って答えたのだけれど、そのうちの何人が家に帰っても覚えていたのだろうか…(-.-) 真紀子さんの「すきすきT」を着て歩いてたらきっとみんなが覚えてくれそうですよね(笑)
line

愛犬レノンと日々の出来事


by berry_n
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30