いろいろあるよね、シニアわんこだもの

最近のレノンさん、いろいろ悩ませてくれます。
9月の始め、レノンの口元をいじっていたら下あごのパッキンのようなピラピラに隠れていた歯茎のちっちゃな腫瘍を発見。
ネットで調べるとたぶんエプリスと思われる。
翌日、設備の整ってる良い動物病院リストにのっていた栃木の某病院へ行ってみました。

院長先生の診断もやはりエプリスであろうとのこと。
それは予想していたのですが、先生の物の言い方が飼い主の気持ちをひどく無視したもので「病理的には命に関わる物ではないという点で良性、でも臨床的には取ってもどうせすぐ再発するんで悪性(やっと判別できる汚い字でエプリスの文字の横に「悪性」と紙に書いた)」「再発したら腫瘍の専門の先生がいる病院を紹介するから顎を切りなさい。犬は顎が無くても別にたいして不自由を感じないから」とろくにレノンを見もしないで言い放った。
言ってることは正しいのかもしれない。
でも、この人にレノンを任せるのは絶対やだと思った。


帰宅して悶々と悩む日々が続く。
このまま大きくならなければいいんだけどと思いながらしばらく様子を見てみる。
ただの炎症だったりしないかなと淡い期待を持ったりしたけど、じわじわと成長する腫瘍。
3ヶ月経ち、ちっちゃなポッチは3倍くらいのサイズになりました。
もうお口のパッキンをめくらなくても見えます。
この不安な気持ちを抱えたまま年を越すのは辛いな…。

レノンはこのエプリスの他にも、気管虚脱(3ヶ所の病院で違うと断言されましたけど)と思われるし歯も気になってます。
今度はもっとちゃんと犬の事を考えてくれそうな病院を探してみることにしました。

私の実家が埼玉なので、その周辺で探してみると歯科に力を入れてる病院を見つけました。そこで治療した子のブログなどをいろいろ読んでみましたが、信頼出来そうな気がしたので大雪が降る中さいたまへ出発。

受付で希望の獣医師(この病院は十数名の先生がいます)の指名が出来るので、院長先生にお願いしました。
診察室で対面した先生は口コミ通りの優しい方で、リスクのある内容でもこちらを不安にさせるような言い方はしません。
エプリスの切除とスケーリングをお願いしてレノンを預け、全身麻酔の手術に問題が無いか検査(血液検査・X線検査)をしました。
すると…やはりレノンは気管虚脱でした。
(私の予想以上に扁平していて、いままでほとんど症状が出ずに過ごせてるのが不思議なくらい)
その画像を見ながらいろいろ説明を受け、今の状態なら大丈夫なので1週間気管支拡張剤を飲んでから手術することになりました。

そして19日、夜明け前に福島を出発し埼玉の病院へ。
レノンを預け、夕方のお迎え時間まで近くで時間を潰して待つ、待つ、待つ時間って長いぞ…。

指定された時間に行くと少し待って、レノンとご対面。
さすがに術後でちょっとしょぼくれてますが、元気そうで一安心。
院長先生に歯のレントゲン画像を見ながら手術の説明を受ける。
お口の匂いが気になっていたのはやはり歯周病だったからで、下顎の前歯4本が抜歯になりました。あとは一番奥にある小さい歯が1本ダメでした。
もっと早く手を打てば歯を失わずに済んだのにレノちんごめんね…。
でも、丁寧にスケーリングしてもらってピッカピカの歯になり、お口も全く臭わなくなりました。
維持していくために、一緒に頑張ろうね!>レノン

術後、AHTのお姉さんに「預けた後レノンが騒いでご迷惑おかけしませんでしたか?」ときくと「麻酔の前、ハウスの扉を開けたらピョ~ンと飛び出してきて驚きました。2段目に入ってたので、あせりましたけどちゃんと落とさず受け止めましたのでご心配なく」元気な子ですねと笑っていました。

切除した腫瘍はラボへ検査をお願いすることにしたので、後日連絡があるとおもいますが気持ちがやっと少し落ち着いた感じです。

白内障も始まってるし気管にも問題ありだけど、現状維持のために出来ることをやっていこうと思っています(^-^)
[PR]

by berry_n | 2012-12-21 22:42 | レノン | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://lennon.exblog.jp/tb/17022508
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gabefunyaa at 2012-12-22 13:38
人間の医者と同じく、獣医にもモノの言い方に問題あり、って人がいるわけですね。うーん、客相手の商売なんだからモノの言い方を養成課程で訓練(というか研修)しなきゃいかんですな。
犬も高齢になるとやはり健康問題がたくさん出てくるんですね。
Commented by サビ at 2012-12-22 17:52 x
レノ君も星さんパパさんもお疲れ様でした
手術無事に終わって良かったです(^o^)/
良い獣医さんが見つかって良かったですね ピカピカの歯でよりいっそう美味しいよね♪
きょだっちブラザーズ 無理なくシニア期を楽しもうね いろいろ出てくるけどシニア犬にはシニア犬にしかない魅力があるよね
でも本犬たちは シニアシニアっていうなぁーって言ってそうだけど(^-^;
Commented by berry_n at 2012-12-22 21:58
>gabefunyaaさん
 医者がこちらの話をちゃんと聞いて受け止めてくれるだけでどれだけ気持ちが救われるか、今回の対応の違いでしみじみ感じました。
笑顔で「大丈夫ですよ」って一言いってくれただけで安心して泣きそうになったもの。

レノンも9才、人間の年齢に換算するといつの間にか私の年を追い越してしまいました。今のところ日常生活には全く支障がないので、現状維持を目標にのんびりゆったり過ごしていこうと思ってます。
Commented by berry_n at 2012-12-22 21:59
>サビさん
 レノンはシニアの自覚ゼロかも(笑)
こちらは田舎であまり犬と接触しない生活ですが、埼玉に行ってる間はたくさんの犬達と交流し嬉しくなったのか、子犬みたいにエンドレスで相撲をとったりしてました。

それでもね、若い頃にくらべたらだいぶ落ち着いたんですよ(^^;
いろいろ瞳で語り合うことが出来るし、年齢を重ねていくとまた違った可愛さが増してきますよね(^-^)
Commented by サビ at 2012-12-23 15:32 x
白内障は検査しました?サンゴも6歳ぐらいのときに なんか白いなぁと思って検査してもらったら 白内障ではなくて核硬化症というものでした。「老化です。老化現象の一つです」といわれました^^: 視力に障害はでないらしいのですが、かといって白内障にならないわけでもなく。。いろいろ。。ですね(笑
気管虚脱に関して、検索して見つけたブログでは薬ではないけど、サプリメントとしてコラーゲンが良い、とありました。どうなのでしょうね。
Commented by berry_n at 2012-12-23 21:15
>サビさん
 ちゃんと検査をしたわけではないので、もしかしたらレノンも核硬化症かも。なんとなく白内障の白さとはちょっと違うような気もします。レノンに視力の低下を思わせる行動は見られないので、ちょっと様子をみようと思ってます。

コラーゲンのサプリ、私も検索して気になってました。思わずアミコラの詰め替えパック3個セットが安いとこを見つけポチっとするかすご~く迷いました。
少しでも効果があるなら試してみようかなと思ったりしますが、継続して与えるには添加物がちょっと気になったり…。
食材でコラーゲンの多いご飯を作ればいいのかな。

いろいろ問題有りの兄弟ですが、これからも情報交換などしながら生活の質を維持して行きたいですね(^-^)
Commented by いーちゃん at 2012-12-25 01:55 x
レノンちゃん がんばりましたね(^-^)
それに 信頼できる先生に出会えたこと 良かったですね~~~
おおげさな言い方すれば 先生に命を預けるってことですもん。

手術後 今のレノンちゃん 元気にしてますか?(^o^)
目も心配ですね。
大事にしてあげてくださいね。

Commented at 2012-12-25 16:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by berry_n at 2012-12-25 21:01
>いーちゃん
 術後6日、まだ口元をいじられるのは嫌そうですが普段はあまり気にしないようなのでエリザベスカラーを付ける必要もなく、元気に走り回ってます(^-^)
今回お世話になった病院は先生だけじゃなくてスタッフもみんな優しく、何でも質問できる雰囲気で良かったです。

安心したからか、半年止まっててあがったと思っていた生理が復活(^^;
Commented by berry_n at 2012-12-25 21:02
>鍵コメさん
 先日はありがとうございました。
診察を待つ間、レノさん前回より落ち着いてましたよ。
名前を呼ばれた瞬間椅子の下に潜っちゃったけど(笑)

麻酔で気管虚脱の悪化が無くて良かったです。
現状を維持するためにも『デブ厳禁』なんですが、奴は食欲の固まりなので(タッパーの鶏肉をがっつり頬張った姿見たでしょ?)腹八分目でデトックス生活が出来るのでしょうか。かなりギラギラしてきそうで怖いです。
さっき馬刺しをあげたら私の指ごとぱっくりさ~。
レノンに飼い主の指を喰うなと言ってくださいませ。
Commented at 2012-12-26 14:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Taka at 2012-12-26 18:25 x
久しぶりにブログ拝見したら、レノン君が・・・? 驚きました!! 
手術無事に終わって良かったです。

しかしながら、最初の先生!! あまりの直球発言に言葉も出ませんね!

我が家のロッキーもたまにグェ~、グェ~と呼吸困難!?みたいな事が有って気管虚脱を疑い病院でレントゲンやら調べてもらいましたが異常無しと診断されました。
最近は少なくなりましたが・・・、怪しいですね~?


Commented by berry_n at 2012-12-26 20:48
>鍵コメさん
 はぅ…思いやりの欠片も無いバッサリな一言で斬りつけられちゃったのですね。
同じ事を伝えるにしても言葉の選び方ってありますよね。
治療法が無くても、愛犬のために飼い主が生活の中で出来ることを優しくアドバイスしてくれたら少しは気持ちが前向きになれるのにって思います。
でも、かかりつけの病院の先生は気持ちをわかってくれる人で良かったですね(^-^)

口角をあげて笑顔で頑張っていきましょ~!
そしたら…きっとあなたにも来ます!!(笑)
Commented by berry_n at 2012-12-26 20:55
>Takaさん
 お久しぶりです。
今回はスケーリングと数ミリの腫瘤切除の手術だから危険度はとても低くかったんですが、私が心配性でオロオロしてただけなんです(^^;

ロッキー君はレントゲンに異常が無くて良かったです。
呼吸が変になるのは逆くしゃみなのでしょうか、愛犬が苦しそうだと不安になりますよね。最近は症状が少ないとのこと、そのまま症状が出なくなるといいですね。
Commented by Taka at 2012-12-26 22:17 x
いや~、やはり危険度が低いとはいえ心配しますよ~。
エプリスというのも初めて知って勉強になりました。

そういえば、先生いわく、ロッキーの症状は “逆くしゃみ” って言ってました。100%信用してるわけではないのですが・・・。
自分もかなりのビビリーなので!?

レノン君の腫瘍ラボ検査、良性であることを祈ってます!!!
絶対!大丈夫ですよ!!!!!
Commented by berry_n at 2012-12-27 11:36
>Takaさん
 私もレノンの口にできた小さなポッチを発見して、ネットで検索し初めてエプリスを知りました。
検査の結果はあれからすぐ届きました。
レノンのは3タイプの内の「骨形成性エプリス」でした。

ラボからの組織所見やコメントだと、非腫瘍性の歯肉腫瘤病変だけど(今回の手術では出っ張った部分だけを小さく切ってるので)要経過観察といった感じ。

一緒に届いた先生からのコメントでは「骨形成性エプリスは良性の腫瘤で歯周病が引き金になることがあります。顎の骨を大きく切除しないと完治できませんが良性の腫瘤ですのでその必要はありません。縫合部が治りましたら歯みがき等で歯周病を引き起こさないように管理していけば問題ありません」とのことです。

今回のことで口腔内ケアの重要性を感じました。
エプリスに背中を押されなければ歯周病が進行し、骨が溶けもっと多くの歯を失っていたかもしれません。
気管虚脱の現状把握もできたし、エプリスが警告を発してくれたことに今は感謝したいと思っています。
Commented at 2012-12-28 09:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by berry_n at 2012-12-28 10:15
>鍵コメさん
 え? そうなんですか?
その辺の話はよろしければメールをお願いします~。
(toshie☆air.email.ne.jp←☆を@に変えて下さいませ)

んでね、耐性はある方だと思う(笑)
お口の中がすっきりしたら維持管理のために使おうと思って、パウダーを含めたケアグッズは手術前に購入済みでございますぅ。

でも地元はホリスティックケアどころか、残念すぎる病院が多いんですよ。
具合が悪くて連れていったのに「混合ワクチン打ってませんね」って問題ないですと強制的に打っちゃうような病院とか…こちらの話はまるできいてくれなくて緊急時はどこに連れていけばいいのやら。
line

愛犬レノンと日々の出来事


by berry_n
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31