落雪の嵐

昨日は久しぶりに良い天気で、コート無しで外に出ても平気。
散歩したら気持ちいいだろうという感じなのだけど、出かけられません。

なぜなら…停滞していた寒波で降り続いた大雪が屋根にドカッと乗ったままだから。
気温が上がれば、一気に落ちてくる可能性があるので呑気に散歩しているわけにはいかない。
午前中に一部分落ち、せっせとスノーダンプで畑の方へ運び出す。お昼を食べたら物置スペースの雪が落ちたので、ひどく湿った重い塊をまたせっせと運ぶ。隣の人も出てきて手伝ってくれた。庭にはもう雪を寄せておくスペースが無い。

家に入って一息ついたところで、ズズズ…ドドドドド~ン! 地震のように家を揺らして二階の屋根に乗っていた雪が全て一気に落ちてきた。
除雪してたあった玄関前と、庭の空きスペースが全て雪の山で埋もれ、もう私ではお手上げの状態。
とりあえず、玄関から人が出入りできるようにスコップで雪を掘る。
お隣さんが除雪機で雪を飛ばし、細い通り道を作ってくれた。あとは旦那が会社から帰ったらトラクターにつけて運び出してもらうしかない。

夜、帰宅した旦那と再び雪片し。トラクターも不調でいまいち能率が上がらず、駐車スペースと通り道を広げるだけで10時頃に切り上げた。
晴天がしばらく続いて庭の雪が沈んでくれることを祈る。

さて、外で私が雪を運んでいる間レノンは家の中で待っているわけなのですが、最近はハウスではなく部屋に放したまま待たせるようにしてみました。私が何度も出たり入ったりを繰り返すうち、黙って待てるようになってきました。
雪かきをしながら上の方からそっと家の中をのぞくと、玄関を見つめたまま座っているレノンの姿。
いたずらも一切せず、あきらめて寝ることもなく、ただただず~っと玄関を見つめて待っている姿にキュンとせつないような気持ちになりました。
慣れてくればいつも通りコタツで腹を出して寝るようになると思うし、そんなふうにリラックスして待てるのが理想なのだけど、待ってる姿も忠犬ぽくて可愛いなぁと思ったりしたのでした。
[PR]

by berry_n | 2005-02-08 12:09 | その他 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://lennon.exblog.jp/tb/1632312
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ramu9964 at 2005-02-08 20:47
頭の中は「ズン、ズンズン、ズンドコッ♪」で、屋根は「ズズズ…ドドドドド~ン!」ですか?!なんだか大変なことになってるように感じる…。
そんなに雪が積もって、家は壊れたりしないんでしょうか?
お家で待ってるレノン君が、なんか心配です。
Commented by berry_n at 2005-02-09 12:13
落ちてきた雪をどかさないと、雪山と屋根がつながり重みがかかりすぎて倒壊するかもしれませんが、とりあえずレノン家は大丈夫です(^_^;
レノンは仔犬でやって来たときから落雪の轟音を経験しているので、慣れてしまったのか家が揺れてもコタツで大股開きで寝ています。そのくせ小さな雪が玄関先に落ちて物音がすると、ガバッと跳ね起き突進するという警備隊長ぶりもみせたりで繊細なのか鈍感なのかよく分からない奴です(笑)
line

愛犬レノンと日々の出来事


by berry_n
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31