悪夢のササミ巻き

夜、私たちが夕食を食べ終わるのを待っていたレノンに、何かおやつをあげようと台所に行った。いつもの魚のジャーキーが無くなったので、正月の福袋に入っていたササミ巻き(骨ガムタイプ)を開封し1つレノンに渡す。
アレルギー検査の後、牛系のおやつは避けていたので骨ガムは与えたことがなかったのだけど、何となく大丈夫かな~とあげてしまいました。

ササミ部分を先に食べ尽くし、ガムを囓り始めるレノン。
ふと横目で見ると、端の結び目の切り離しに成功したところでした。硬いまんまのコロンとした結び目、喉に引っかけると危険かもと取り上げようと思った瞬間 『ゴックン』 丸飲みしてしまいました。
喉に詰まって窒息という事態にはなりませんでしたが、何だか様子がおかしくなっていくレノン。口を盛んにペロペロしながらウロウロ歩き続けます。
あきらかに気持ちが悪そうです。

時間は9時を過ぎていたので、営業している病院はありません。それでも電話で指示を仰ぐことぐらいは出来るかもとタウンページを開いてかけまくる。
全滅…みんな留守電になってました。どうしよう、もし状態が急変したら私では助けられないよ(;_;)

吐かせれば楽になるだろうかと、食塩水を作って飲ませてみた。濃度が薄かったからか全部飲み干しても吐きません。気持ち悪さが増しただけのような感じで、見ているのが辛い。
ク…ググゥ…クゥ…苦しくて横になることもできず歩き続ける。「助けてよ」と全身で訴えにくるのに、そっとなでてあげることしかできない。
「もしも」の不安で押しつぶされそうになる。

落ち着いて考えれば胃に入った塊はガムなのだから、吐くか消化されるかで緊急事態に陥ることはほとんどないのだろう。でも「もしも…」を考えてしまって不安でたまらないのだ。冷静な判断ができないほど、レノンに深く依存している自分に気づかされる。

旦那は留守電になっていた病院に「もしかしたら出てくれるかも」と何度も電話をかけてくれていた。その望みが叶い、レノンのかかりつけの病院で電話を受けてくれた。
時間の経過と対応やレノンの状態を説明すると、今ならまだ吐くかもしれないからもう一度食塩水を飲ませてみたらと言う。

濃度を教えてもらってもう一度飲ませてみた。
今度は濃いので少し口をつけて顔をそむけるレノン。
また気持ち悪そうに歩き出す。ピンクの巣穴に入り込みクルクルまわる。
グ、グゲェェー
やった~、出たよ! ブツを確認するために中をのぞくと、慌てて食べようとするレノンの姿があった。あれほど苦しんでたくせに、それをまた喰おうとするかい…(-_-;)
レノンを引っ張り出して吐瀉物を片付ける。ガムの結び目はほどけ白くふやけていた。

病院とも連絡が取れたし、ガムも出たのでとりあえず一安心。
でも、レノンの体調は簡単には復活しない。水を大量に飲み、お腹は腹水でパンパンになったフィラリアの末期のような状態になっている。普段なら絶対あり得ないのだが、畳の上に大きな水たまりを作ったり、ハウスの中でしてしまったりで、上から下から大放出である。
調子が悪くなかなか眠ることが出来ないようで、丸くなってもすぐ立ち上がってしまう。そのたびに「ん? シッコ出るの?」とトイレに連れて行く。
旦那には2階の寝室で眠ってもらって、私はレノンのトイレがある1階でずっと世話を続けた。結局一晩中ほとんど眠らないままレノンと朝を迎えた。

まだ調子が悪そうだが、2階から降りてきた旦那に喜んで踊る元気は出てきたようだ。
少しだけフードを与えてみると、ガツガツすごい勢いで食べる。
なんだか食べたらいきなり元気が復活してきたような・・・。
トイレに連れて行くと、とても良い状態のンコをしました。もう大丈夫みたいです(^^)

今、レノンは私の横にくっついて眠っています。きっと今日は散歩無しでもず~っと寝てることでしょう。私も眠いぞ(^_^;

皆様もガムにはご注意くださいませ。
[PR]

by berry_n | 2005-02-01 14:05 | レノン | Trackback(1) | Comments(11)
トラックバックURL : http://lennon.exblog.jp/tb/1608471
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from さつきは今日も全開 at 2005-03-13 14:02
タイトル : 早く出てこい・・・
悪夢のササミ巻き  おとといの夜、自分の夕食が終わり、さつきもそろそろ食べ終わったかと、クレートから出してやった。以前書いたように、さつきのゴハンは、冷凍コングをクレートの中でもらうという形態なのだ。空になったコングを片付けていると、何だか嫌〜な気配。振り向くと、さつきが食卓のイスの上に乗って、テーブルの上を物色中。私の視線に気付いてこちらを見たさつきの口には、メバルの骨が! だあああああ〜〜〜っ、し、しかし、ここで騒ぐと、やつは一層慌てて飲み込むに違いない。かといって、おもちゃならともかく、...... more
Commented by ヒペリカム at 2005-02-01 15:33 x
読みながら、こっちの方がびっくりしましたよぉ。
大事にならなくてよかったけど、レノン君の辛そうな様子が伝わってきます。
TOSHIEさんの気持ちも。チャラも今までそんな事が
何回かあったな。(捻挫したとかですが)
食塩水で吐くとは知りませんでした。また勉強になりました。
レノン君ともども、ゆっくり休んでくださいね。
Commented by リンチャンママ at 2005-02-01 20:37 x
うわ~~~~、すごい大変だったんですねー(T T)
夜中に具合が悪くなるとどうしていいか分からないですよね。
我が家の掛かりつけ医も、夜と休診日は留守電です。
まだ休診日は別な医者があるからいいけど、夜はどうしていいか分からないですよね。
とりあえず、ブリーダーさんにお電話するしかないかなと思います。

でもレノン君無事でなによりでした^^
toshieさんもゆっくり休めましたか?
Commented by サビ at 2005-02-01 21:35 x
結構診療時間外に具合が悪くなるのですよね。喉にひっかかったりしないで良かったです。ガムも出て来てなによりなにより。
ビーグル犬はマルシーズが一ヶ月経っても残してある牛皮ガムを3秒で丸呑みしておりました(恥)シッパは体は小型でも食い気は大型なのでガムとか骨とか食べている時はほおっておけませんね。
私も注意しますー
Commented by なぐ at 2005-02-01 21:39 x
 ああーどうなるかとドキドキして読みました。何はともあれ、無事でよかったです。それにしても吐いたガムを食べようとするあたり、流石というかまさにシッパですね(汗)。私も気をつけます。うちの場合は喰いちぎってるマット類の誤飲が心配かな…。
Commented by ゆきき at 2005-02-01 21:41 x
大変でしたね、レノン君。
でもやっと吐き出したのを食べようとするとは、さすが。
今日は大雪で大変なことになっているに違いないと、覗いてみたら違うことで大変なことになっていたのですね。雪の方は大丈夫ですか?
Commented by Tanuko at 2005-02-01 23:22 x
 とにかく大事に至らなくてよかったです。ガムは、柔らかくなったところで取り上げるようにと、しつけのインストラクターに言われましたが、こういうことだったのですね。
 時間外に具合が悪くなると、本当におろおろしますよね。自分のことなら少々我慢できても、犬のこととなるとちょっとのことが心配で心配で。ガムは、食道に引っかかっていたのでは?
Commented by berry_n at 2005-02-02 15:05
>ヒペリカムさん
心配をおかけしました。レノンは完全復活し呆れるほど元気です。
誤飲したものを吐かせる場合は1時間以内が目安だそうです。
高濃度の食塩水は賛否両論あるようなので獣医師に連絡をとって指示を仰ぐ方が安全かと思われます(少量のオキシドールを使うとよいとしているサイトもありました)。
鋭利な物を飲んだときは、吐かせると危険なので、ふかしたサツマイモをたくさん食べさせて包み込んで下から出すといいらしいです。自己判断は危険なものもありますので、可能な限り獣医師に連絡をとったほうが良いと思いますです。

>リンチャンママさん
実家にいた頃は歩いて行ける場所に動物病院が4軒あったので、非常時は愛犬を抱っこして駆け込める安心感があったのですけど、今回はすごく怖かったです(;_;)
留守電であっても、自宅で開業している病院なら電話をモニターしてる可能性大なのだから命にかかわる場合は緊急を訴えれば診てもらえるかもしれないなと後で思いました。今後のことも考えて病院をいろいろチェックしておこうと思いました。
リンチャンのブリーダーさんは、いろいろ相談にのってもらえて頼りになりそうで安心ですね(^^)
Commented by berry_n at 2005-02-02 15:06
>サビさん
都会なら夜間診療をしてる病院もあるのでしょうが、ここでは個人でやってる小さな病院が町に1軒だけしかないので焦りましたです。
食い気は大型…まさしくその通り!(笑)
サンゴ君はお馬鹿な兄の真似をせず、おやつはよ~く噛んで食べるのだぞ。

>なぐさん
あんなに具合が悪そうだったのに、吐いた瞬間ものすごい勢いで食べようとしたのであわてて巣穴から引っ張り出したんですよ~(-_-;)
食べ物を埋めて保存食にするイーグ君は、レノンみたいにガツガツした食べ方をしないのだろうなぁ。
イーグ君、マットは食べちゃだめだよ~(^_^;
Commented by berry_n at 2005-02-02 15:07
>ゆききさん
雪はそれなりにいっぱい降ってますが、先日の「大雪でドアぶち抜き」の時に比べたらどってことないかなと言う感じ。吹雪の中レノンと散歩してる私は、ちょっと感覚が麻痺してきたのかも(笑)

>Tanukoさん
それが…やわらかくなる前にパキッっと結び目の所から折ってゴックンしちゃったのです、残りの部分もカチカチの状態のまま。ササミをはぎ取ってからわずかな間の出来事でした(-_-;)
いつも元気なレノンなので、ちょっとでも具合が悪くなると不安でうろたえてしまいます。
落ち着きが無くてもいいから、元気でいて欲しいですよね。
Commented by ramu9964 at 2005-02-02 23:31
レノン君、無事でよかったですね。
なんとなく落ち着きなく歩き回り、体調の悪そうな愛犬を見守るしかない時、本当に切ないですよね!
Bellも、骨状のおやつや、犬用ガム等、適当な大きさになると飲み込み、途中でゲホゲホいい出すことがあったり、いがらっぽそうに咳を繰り返すことが多かったので、最近は、ほとんどあげません。
たまにあげるときは、目を離さないようにして、大き目のものを渡して、ある程度食べたら取り上げるようにしています。小型犬用のものだと、あっという間に飲み込んでしまうので、役に立たないし…不経済やなー。
食いしん坊シッパは、おやつも気をつけないといけないんですね…!
Commented by berry_n at 2005-02-03 13:08
>ramuさん
Bellちゃんも飲んじゃいますか。レノンはグリニーズも小さいのだと半分ぐらいでゴックンしちゃうので、手で持ったまま与えてます。ミルク味の棒状ガムは上顎にピッタリはまり込んで取れなくなり大暴れしてたことがあるし…(-_-;)
お留守番の時に安心して預けておけるおやつがありません~。玩具も渡したままにすると食べちゃうし。フード詰めコングなんて渡したらコングごと完食してそうな気が…(^_^;
元気で長生きしてもらうために「ガム類は禁止・玩具は人と遊ぶ時のみ与える」を徹底しようと思います。
line

愛犬レノンと日々の出来事


by berry_n
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31