田舎暮らしの不便さを実感

最近、テレビで「夢の田舎暮らし」みたいな番組をよく見かける。
第二の人生を自然の中で暮らそうという人が増えているからなのだろう。
レノン家の散歩コースにも別荘が点在する。
都会から移り住んだ方達のログハウスもだんだん増えている。
夏は快適だし、大水や土砂崩れの心配も無い。町まで車で10分、生活に必要な物は手に入る。比較的住みやすい土地と言えるかもしれない…と思っていた。

が、最近不便さを実感することに遭遇。
町の乳ガン検診でひっかかり、再検査のため若松の病院に行くことになったのだ。
車で行けば1時間の距離。
だが公共機関を利用すると、これが果てしなく遠い。
まず、最寄りの駅までのバスが数時間に1本(車で10分の距離だけどタクシー使うと3000円以上かかります)
さらに、最寄りの駅から若松(乗車時間1時間以上)までの電車も、通勤・通学時間帯で1時間に1本という状態。
私は何も考えずに病院の予約を入れてしまい、後で途方にくれたのでした。
幸い親切な知人が送ってくれたり、長い待ち時間をつき合ってくれたりしたので助かったのだけど、独りだったら・・・駅で1時間以上ぽっつ~ん、さらに病院で予約時間まで1時間以上待つことになるところでした。

予約をし時間とお金をかけて、出かけて行った病院。
なのに、触診のみで「混んでるから、エコーもマンモグラフィーも今日は出来ません。次回の予約を入れて下さい」と言われ結果が先送り。
「なんですとぉぉ~! お触りされて2000円もとって今日は帰れってど~ゆ~ことなのよぉ~! 交通費いくらかかるとおもってるのさ、こっちが欲しいくらいだわよ」と心の中で叫ぶ私でした(--#
とっとと結果を出して欲しいので翌日に予約を入れました。エコーとマンモグラフィーそれぞれの予約、さらに結果ついての説明の予約をいれると1日がかりです。

と、ここで問題が浮上する。
最初の日は駅まで送ってもらえたし、午後からだったのでレノンに留守番させるのもそれほど心配は無かったのだけれど1日空けるのに小さなハウス入れっぱなしには出来ない。
部屋に放して出かける勇気も無い…何か壊されるのはいいけど誤飲で危険なことになったらどうしようと思うと踏み切れないのだ。
なので旦那に子連れ出勤をお願いした。
お昼に出して散歩させてもらえれば、車では静かに留守番をするので大丈夫だろう。
レノンのお水とおやつを持たせて、早朝一緒に家を出た。旦那は始業時間にはまだ早いので、私を駅で降ろすとレノンのガス抜きに公園へ向かった。

病院の検査の方は「特に心配するようなものでは無いです」ということでした。
もしも、入院するような事態になったらレノンはどうしようかと考えていたので一安心です。初めてで心配だったマンモグラフィーの検査も思ったほど大変では無かったのでよかったです。「ペッタンコに押しつぶしてレントゲン撮るから、胸の小さい人は痛いよ~」と友達におどされてたのもので(^_^;
「挟むほど無い人はどうしたらいいの・・・」って思っていたんですが、レントゲン技師の女性が上手に寄せて上げてセットしてくれるので無事撮影出来ました(笑)
病院で偶然知人に出会い、帰りの電車も一緒だったので駅から家まで車で送ってもらえました。ラッキー(^^)

家に着いて、心配してくれてるであろう人達に結果の連絡をいれました。
旦那の帰りを待っていたら、レノンのいない家の寂しさがジワジワと…。
キッチンにいても、後にレノンがいないとなんだか変な感じです。
レノンが来てから、今回が一番長く離れてたのかもしれない。私が分離不安かも(笑)

旦那と帰宅したレノン。飛びついてきてキャウキャウ言うかと思ったのに「ご飯、ご飯、ご飯はまだですかっ!!!!」って・・・・寂しくなかったのかよぉ~!
ご飯の後もいつもと変わらない様子に、安心したけどちょっと寂しくもあり。
その夜のレノちんのようす↓
a0009750_13494968.jpg

再検査はちょっと焦ったのだけれど、いろいろ考えるいい機会になったので良かったかもと思ったのでした。
[PR]

by berry_n | 2004-11-06 13:50 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://lennon.exblog.jp/tb/1276917
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sunskymarine at 2004-11-06 20:11
私も尿検で引っかかって再検査でした。
マリンをショップに預けて2回行きましたが、¥高いのなんのって(どっちもね)
検査って一日仕事になっちゃいますよね…しかも、ほとんどが待ち時間、そして一日では結果が出ない。
「心配なし」だから良かったようなものの、どうにかならないでしょうか…。
若松の病院というと、T病院かS病院かな?どちらにしても、駅からも遠くて不便ですね。

マンモグラフィー、私一生撮らない覚悟です。挟む具がありましぇん(涙)

Commented by nag_headporter at 2004-11-06 22:52
何とも無くて本当に良かったです。乳がんだけは、念には念を入れないと…マンモも、なるべく定期的になさったほうがいいと思います。とかいいながら、乳がんの検診は未経験の私。当然マンモで、チチ挟めません(マリン母様も??)。
Commented by ゆきき at 2004-11-07 01:50 x
何にもなくてよかったですね。
でも大きな病院行って触診だけはひどいですね。

私も婦人科健診各種しなきゃいけないんだけどかれこれ2年ぐらいしていません。去年から残業忙しい~マンション買う~引越する~荷物を片付ける~キヨハラに振り回される…で今日に至っていて、自分の体についていろいろ疎かになっているのに気がつきました。

これからはキヨハラ留守番させても、病院とか行くようにしようと思います。気がつかせてくれてありがとうございました。

シッパは飼主以外になつかないという説もありますが、意外とそうでない子もいますよね。キヨハラも寂しがりで私が一番のようですが、とりあえず誰かが一緒にいてくれればOKなようです。
Commented by berry_n at 2004-11-07 16:39
>マリン母さん
病院は駅から歩ける距離の所を選び、西若松のT病院にしました。西若松の駅(工事中で駅舎が無い!)停車してもドアが自動では開かないので乗り越してしまいました。おかげでタクシー使っちゃったよ(T-T)
病院行くのって元気でもしんどいです、病気だったらとても行けませ~ん。
マンモグラフィー、Aカップの私でもOKでしたよ。大丈夫ですってば(^_^;

>なぐさん
もう若くはないので、何があっても不思議ではないと思ってますけど結果がハッキリするまでは不安になりましたです。
マンモ、機械に乗せられるほどチチが無い私ですが病院のかたが上手に寄せ集めて(ブラの正しいフィッテングみたいな感じ)撮影してくれました。だから、小さくても平気ですよ~(笑)

>ゆききさん
そうそう、キヨハラ君の健康だけでなくゆききさん自信の健康も大事ですよね。
私もレノンのために、あと20年は元気でいなくちゃって思いました。

レノンは誰にでもなつく安全な奴ですが、よく慣れているはず実家の両親と留守番させても私がいないと「キャオォォォォォ~ン」と大泣き(食べてるときだけ黙る)します(--;)
line

愛犬レノンと日々の出来事


by berry_n
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31