それは・・・

a0009750_175938.jpg
レノ君の朝ご飯とトイレは、夫の担当になっている。
それは自分が楽をしたいからではなく、レノンとスキンシップをとる時間が少ない夫への妻の思いやりです(笑)
朝、夫が心配顔で「レノンのチンチンが赤くなって炎症を起こしてるみたいだから、ちょっと見てやってくれよ」と言う。
レノンを呼んで、ひっくり返してみた。
「どれどれ? 赤くないし、別に何でもないじゃん何言ってんのさ」
と答えてからハタと思い当たった。
「赤いって・・・・そりゃぁ、あんたペニスじゃん。同じ♂なら気付よ~!」
色の抜けた極小トウガラシのようなレノンのペニスの存在に、今日初めて気がついたらしい。おめでと~!(^◇^;)
この分だと、亀頭球の存在も知るまい・・・。自分の旦那に性教育をするとは思わんかったぞ。
ちなみに、私が犬のペニスの存在に気がついたのは幼稚園の頃です。
公園でじゃれ合う犬に、生々しい赤い物をみつけ、一緒にいた母に
「お母さん、大変だよ。あの犬ケガしてるよ!」と言ったのを覚えている。
だって、本当に大怪我だと思って心配だったんだもん。母は無言で私の手をつかみズルズルと引きずって公園を後にしたので、小学生になって合体現場を目撃するまで私の心配は続いたのでした(笑)

画像は本文と関係なしの「テレビを観るレノン」です。
玩具やガムを持ってテレビの前に陣取り、カジカジしながらながめるのがお気に入り。
立ち上がるとテレビが見えないので邪魔なのよ~>レノン君
[PR]

by berry_n | 2004-03-29 18:00 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://lennon.exblog.jp/tb/111385
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

愛犬レノンと日々の出来事


by berry_n
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31