やられました(-_-;)

夜ごと練習を続けてきた婦人会のアトラクション「暴れ獅子」は、なんとかみんな揃った演技ができ舞台には祝儀袋がたくさん上がったのでした♪(温泉で慰労会ができそうだ)

敬老会の当日は、準備があるので朝から家を出て会場に向かった。
レノンと旦那は家で留守番。
会が終了して後片付けをし、みんなで遅い食事をとりながら踊りの成功を祝った。

夕方、家に帰るとレノンがお帰りダンスでお出迎え(笑)
レノ君、お留守番ご苦労であったな。
ペットシーツと一緒にたのんだ玩具(ハーレイボーン)が、ちょうど届いていたのでレノンにあげた。
音もしないし美味しい匂いがあるわけでもないのだけれど、気に入ったらしく一人で遊んでいる。
楽しいかい? 良かったねぇ、レノ君(^^)

遊んでいるレノンを残し、着替えに部屋を出た。
戻ると畳の上にポツンと玩具が転がっている。
あれ? レノンはどこに?
あんなに喜んでたのに、もう飽きたの?

すると、電気の消えた隣の部屋の暗がりから
「パキ、ポキ、ポリ・・・」
怪しい! この音は怪しすぎる~。
「レノ~ン、何してるの!」と隣の部屋の電気をつけると、慌てて袋にガサゴソ顔を突っ込み口いっぱいに何かを頬張るレノンの姿があった。
抱え上げると、口からはみ出していたのは大量の「芋ケンピ」
上目遣いで見上げながら、頬張った芋ケンピを食べようをしているお馬鹿な姿が可笑しくて叱るより笑ってしまったよ(^_^;

敬老会の後の集まりで、残ったお菓子やおつまみを袋に入れて持たされたのを、座卓の上にポンと置いていたのでした。
普段は盗み食いをしないのだけど、人がいないとダメなのね。
レノンが食いちぎった袋の中身を見ると、どうやら「さきイカ」も食ったらしい。
吐いたりしないんだろうか? 夜のご飯は抜きに決定!

翌日、途中からくっきり2色に分かれたンコをした(笑)
いつもの健康なンコにミルクキャラメル色の柔らかいのが合体している。
色からすると「芋ケンピ」の成れの果てらしい。
さきイカや揚げイカは消化したのだろうか?
しばらくンコをチェックしたのだがさきイカの痕跡は見つけられず。どうやらしっかり消化吸収されてしまったらしい。

アレルギーもいろいろあるのだから、食べ物の管理はしっかりやらないといけないなと反省した出来事でした。
[PR]

by berry_n | 2004-09-24 13:47 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://lennon.exblog.jp/tb/1076698
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Tanuko at 2004-09-24 21:17 x
 思いっっっっきり、笑わせて頂きました。頬ばった芋ケンピを取り上げられる前に何とか飲み込もうとしている姿が目に浮かぶようです。

 アレルギーの有無にかかわらず、盗み食いは防がなくてはならないとはわかっているんですけどね。何とか口を届かせようと必死に垂直跳びする姿とか、見つかった時にあわてて飲み込むところとか、叱らなきゃいけないんだけど、つい笑ってしまいますよねー。
Commented by berry_n at 2004-09-25 10:12
「入るだけ詰め込んでみました」って感じで、口から芋ケンピが大量にはみ出してる姿はマヌケすぎです。口に指を突っ込んでかき出したんですけど、ベタベタと手について大変でしたわ(-_-)
でも、レノンの顔を見ると笑えて脱力しちゃうんですよねぇ。愛すべきお馬鹿ちゃんと言うか、得なキャラクターです。
さつきちゃんも、大切なおやつをくわえたまま吠えて飛びはねサークルの外に落としちゃったんですよね。必死に手をのばす姿を想像すると、愛しくもせつないものがありますよね。
Commented by Tanuko at 2004-09-27 11:31 x
 そうなんです。どれだけ必死だったか考えると、何だかかわいそうになるのです。
 本犬はあれだけの失敗を一日で忘れて、翌々日にはもうくわえたまま垂直飛びしてましたけど(^◇^;)。
Commented by berry_n at 2004-09-27 16:01
隙間から手を出して、指を広げたパーの手が想像できちゃうよねぇ。さつきちゃん、ちゃんと学習して今度は落とさないように、くわえ方が上手になってるのでは?(笑)
line

愛犬レノンと日々の出来事


by berry_n
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30